総合トップ暮らしの情報記事第6次富良野市総合計画の策定について

第6次富良野市総合計画の策定について

公開日:

第6次富良野市総合計画表紙画像

富良野市では、令和3年度から令和12年度までを計画期間する「第6次富良野市総合計画」を策定しました。
第6次富良野市総合計画は“基本構想”と“基本計画”で構成しています。
“基本構想”は、中長期的なまちづくりの方向性と基本的な考え方を示しており、“基本計画”は“基本構想”の実現に向けた具体的な取組を示しています。
さらに基本計画は、特に力を入れて取り組む“重点施策“と、着実に取り組む“基本施策“とに分けています。

計画期間は、基本構想を令和3年度から10年間とし、基本計画は前期2年・中期4年・後期4年とし、市民ニーズにスピード感を持って対応できるよう3期に区分けしています。

本計画策定の前提・大切な視点として、少子高齢化や人口減少、環境問題など複雑な社会問題、テクノロジーの急速な発展など、これまでとは社会構造が大きく変わっていくなか、これまで、まちづくり100人協働ワークショップや市民意識調査、地域懇談会など市民のみなさんの声を広く収集・分析することを大切にしてきました。
こうした声をもとに本計画は“「美しい」のその先へ。WA!がまち、ふらの”を、まちづくりのスローガンとして設定いたしました。

市民のみなさんには、簡易版として「2021-2030 ふらの版みらいを旅するNOTE」を広報ふらの4月お知らせ版に折込配付いたします。

計画の位置付け

地方自治体経営の最上位に位置付けられる計画で、中長期的な視点に立ち、新たな時代に対応できるまちづくりの指針となるものです。

まちづくりのスローガン

「美しい」のその先へ。WA!がまちふらの

計画期間

令和3年4月1日から令和12年3月31日

ダウンロード

第6次富良野市総合計画(本冊子)一括

第6次富良野市総合計画(本冊子)分割

概要版

2021-2030 ふらの版みらいを旅するNOTE

カテゴリー