総合トップ暮らしの情報記事【ご案内】令和4年度「ワーケーション実証費用助成金」について

【ご案内】令和4年度「ワーケーション実証費用助成金」について

公開日:

「ワーケーション実証費用助成金」を活用し、富良野市でワーケーションを実施しませんか?

富良野市では、市外の社員等【企業・団体の役員・社員(職員)またはフリーランス・個人事業主】(日本国内に住所を有し、居住実態がある者)が、本市の宿泊施設に滞在し、テレワークや研修などの仕事と余暇を両立したワーケーションを実証した場合、市内の宿泊費及びレンタカー利用料の一部を助成します。
北海道の「へそ」に位置する自然豊かな富良野市で、ワーケーションやリゾートテレワークをしてみませんか?
ご質問等ありましたら、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

対象者

ワーケーション実証費用助成金「交付要綱」内、「助成対象者」の(1)または(2)に該当し、(3)から(8)の要件を全て満たす企業等に務める社員等とする。

※帯同する家族等は助成対象外となります。

助成対象経費・助成限度額

助成対象経費・助成限度額一覧表
助成対象経費 助成限度額 助成割合 単位 備考
宿泊費(素泊まり又は朝食付き) 5,000円 二分の一以内 1泊/1人 7連泊分まで助成
10,000円 四分の三以内 ※1
レンタカー利用料 2,500円 二分の一以内 ※2 1日 8日分まで助成

※1 市と事前協議した上で、市が主催又は関与する地域振興・課題解決を目的とした企画イベント等への参加のほか、社員等が社会貢献活動への参加又は自ら行う場合、宿泊費の助成限度額、助成割合を引き上げます。

※2 レンタカー利用料で免責補償等の保険料は利用料に含みますが、オプション・装備品や出発店舗と異なる店舗に返却できる片道利用(乗り捨て)の加算分は含みません。

※確認書類として「領収書」等の写しは必須

 

助成要件

  • 富良野市内に4泊以上滞在(連泊に限る・宿泊施設の変更は可)すること。

  • レンタカーを利用する際には、富良野市内または旭川空港、新千歳空港の営業所で借りる場合に限ることとし、宿泊助成を受ける期間内とすること。

  • ワーケーション実証期間中の消費(支出)額を積算、算出すること。

  • 同一期間中に同一の企業等に所属する社員等による実証は、10人以内であること。

  • 同一社員等が年度内に実証できるのは2回までとする。

  • 同一企業の社員等が年度内に実証できる延べ人数は、20人以内であること。

  • 滞在期間中、ワーケーションの実施をSNSで紹介し、本市の魅力を拡散すること。

  • 実証終了後は市に体験記を提出すること。

  • 滞在期間中、本市の関係者と1回以上、情報交換会あるいは交流会に参加すること。

助成交付金までの手続き

申込時の手続き
助成対象者(個人) 富良野市(企画振興課)
(1)「実証申込書」の提出 (2)「実証受入決定通知書」の送付

※実証申込書は実証開始の2週間前までに提出すること

ワ―ケーション実施後の手続き

助成対象者(個人) 富良野市(企画振興課)
(3)「交付申請書」「実績報告書」の提出 (4)「助成金交付決定通知書」の送付
助成金請求時の手続き
助成対象者(個人) 富良野市(企画振興課)
(5)「助成金交付請求書」の送付 (6)助成金交付

要綱・様式等

問合せ・申請先

詳しくは交付要綱をご確認願います。

オンラインによる相談も受付・対応していますので、お気軽にご相談ください。

事業概要画像

ワーケーション実証費用助成金(富良野市)チラシ(PDF 3.02MB)

ワーケーションに関する相談ワンストップ窓口のチラシ画像

ワーケーション ワンストップ窓口(チラシ)(PDF 447KB)

カテゴリー