総合トップ暮らしの情報記事熱中症予防に「水道水」こまめに水分補給をしましょう

熱中症予防に「水道水」こまめに水分補給をしましょう

公開日:

健康のために水を飲もう!

体の中の水分が不足すると、熱中症(ねっちゅうしょう)、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)など、さまざまな健康障害のリスク要因となります。
健康のため、こまめに水を飲みましょう。

「健康のために水を飲もう」推進運動(厚生労働省)

熱中症予防のために水を飲もう!

熱中症とは

適切な水分補給を行わず、脱水を起こすことにより、血液が濃縮することで、循環不全を起こし、体温調節などに重篤な障害が生じ起こります。
屋外での活動だけでなく、夜間や屋内でも発症し、救急搬送されたり、場合によって死亡することもあります。
また、乳幼児や高齢者だけでなく、幅広い年代層の方が発症します。

熱中症の予防

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

こまめに水分補給を

のどの渇きを感じる前に、こまめに水分・塩分などを補給しましょう。

蛇口をひねるだけで簡単に飲める水道水で、こまめに水分補給して、熱中症を予防しよう!
熱中症関連情報(厚生労働省)

打ち水もしてみましょう!

打ち水は、誰もが手軽に楽しくできるヒートアイランド対策、地球温暖化対策の取り組みです。
打ち水の目的には、夏の暑さを和らげることに加え、土埃をしずめる、来客時に玄関先などに水を撒くことで心地よく迎える、お清めの意味、などがあったと考えられています。
ご自宅やお勤め先で打ち水をして、昔ながらの知恵を活かして、暑さを吹き飛ばし、涼を楽しみましょう。

カテゴリー