総合トップ暮らしの情報記事令和2年 秋の全道火災予防運動

令和2年 秋の全道火災予防運動

公開日:

全国統一標語“その火事を 防ぐあなたに 金メダル”を防火標語に掲げ10月15日(木曜日)から31日(土曜日)までの17日間、全道一斉に秋の火災予防運動が展開されます。
平成31年・令和元年中に全国で発生した総出火件数は37,538件で、全道では1,888件の火災が発生しました。
富良野市内においては、昨年14件の火災が発生しており、本年は9月1日現在で16件発生し、昨年を上回る頻度で火災が発生しております。

これから冬にかけて火災が多くなる傾向にあります。
暖房機器の使用前に点検と整備をする。
たばこのポイ捨て寝たばこなどは絶対しない。
調理中はその場から離れないなど火の元に注意してください。
また、普段から火の取り扱いや消火・避難の方法などについて話し合い、いざという時に備えてください。
市民1人ひとりが災害に対する危機管理意識を持ちましょう。

住宅防火「いのちを守る7つのポイント」

【3つの習慣・4つの対策】

3つの習慣

  • 寝たばこは絶対にやめる。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
  • 寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

カテゴリー