マイナンバー・個人番号カードの受け取りについて

2016年5月2日

 

個人番号カードの交付を本年1月から開始しています。


個人番号カードが出来上がりましたら『交付通知書(はがき)』をご自宅に送付しますので、受け取った方は受け取りに必要なものを準備して、交付通知書に記載されている交付場所へお越しください。


◆お知らせ

 

個人番号カードの休日交付について5月も下記の日程で行いますのでお受け取りください。

 

□ 休日交付
  5月14日(土)  9:00 ~ 12:00 (午前のみ) 

  5月21日(土)  9:00 ~ 12:00 (午前のみ)
  

□ ところ 市役所本庁舎 市民課市民年金係(1番窓口) 

 

(お願い) 山部、東山支所が交付場所の方は、本庁へのカード移動が必要となるため2日前までにご連絡ください。

 

  

●個人番号カードについて
・個人番号カードは希望した方に対し無料で交付されます。
・個人番号カーはICチップのついたカードの表面に、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真が掲載され、裏面に個人番号(マイナンバー)が記載されます。
・本人確認のための身分証明書として利用できるほか、e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書も標準搭載されます。
・カードの有効期限は、20歳以上の方は発行から10回目の誕生日、20歳未満の方は容姿の変化を考慮して発行から5回目の誕生日となります。
・申請は、既に送付されている個人番号通知カードの切り取り線より下部が、個人番号カードの申請書になっていますのでこちらをご利用ください。なお、スマートフォンやパソコンからも可能となっています。

 

個人番号カード

 

●個人番号カードの受け取り方
(1)交付通知書(はがき)が自宅に届きます。
・「おもて面」には交付場所情報が記載されています。
 →交付場所は、住所が山部の方は山部支所東山の方は東山支所その他は市役所市民年金係1番窓口となっていますので確認しお越しください。
・「うら面」には受取期限、受取時の説明が記載されています。
 →回答書欄に住所、氏名を記入し押印してください。

 

(2)交付通知書(はがき)と必要書類(下記記載)を持って、交付場所(はがきに記載)へ受け取りに行きます。
※15歳未満の方、または成年被後見人の方はその法定代理人が同行してください。

 

(3)交付窓口で本人確認の上、暗証番号を設定しカードを受け取ります
※暗証番号をあらかじめ準備してください。

 

●受け取り時間について
8時30分から17時15分まで(月曜日から金曜日までの平日) 市民年金係、支所とも

 

●本人が受け取る場合の必要書類
(1)交付通知書(はがき)
(2)通知カード
(3)本人確認書類(15歳未満の方、または成年被後見人に同行する法定代理人も同様に必要)
 ※本人確認書類(1)のうち1点、本人確認書類(2)のうち2点のいづれか
(4)代理権の確認書類(15歳未満の方、または成年被後見人の法定代理人のみ)
(5)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

 

●代理人が受け取る場合の必要書類
 本人が病気、または身体の障がいその他やむをえない理由により、交付場所に来ることが難しい場合に限り、下記の書類代理人により、カードの受け取りを委任できます。
(1)交付通知書(はがき)
(2)本人の本人確認書類
 ※本人確認書類(1)のうち2点、本人確認書類(1)を1点と本人確認書類(2)を1点ずつ、本人確認書類(2)を3点(うち1点は顔写真付き)のいづれか 
(3)代理人の本人確認書類
 ※本人確認書類(1)のうち2点、本人確認書類(1)を1点と本人確認書類(2)を1点ずつのいづれか
(4)代理権の確認書類
 ※法定代理人の場合:戸籍謄本その他資格を証明する書類(本籍地が富良野市の場合は不要)
 ※その他の場合:委任状等。交付通知書(はがき)うら面の「委任状」欄に記入可。
(5)通知カード
(6)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
(7)ご本人の来庁が困難であることを証する書類
(例:診断書、申請者本人の障害者手帳、本人が代理人の施設に入所している事実を証する書類)

(注意)仕事・学業が多忙なため本人が来庁できないといった理由は、やむを得ない理由と認められておらず、委任を行うことができません。

 

●本人確認書類について

 

◇本人確認書類(1)
運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート(旅券)
住民基本台帳カード(顔写真付きに限る) 、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
在留カード 、特別永住者証明書 など
◇本人確認書類(2)
健康保険証、介護保険被保険証、医療受給者証、年金手帳、公的年金証書、社員証、学生証
学校名が記載された各種書類、預金通帳 など
※氏名と生年月日または住所の記載が確認できるものに限る。

 

●暗証番号について

交付の際にみなさまに暗証番号を設定していただきます。
暗証番号はお越しになる前にあらかじめ考えておいてください。
 
次の(1)~(4)の設定をしていいただきます。

(1)「署名用の電子証明書」の暗証番号(英数字(大文字A~Z、0~9)6文字以上16文字以下。英字と数字はいづれも1つ以上必要)
 e-Taxなど,電子申告を利用するときに使用します。


(2)「利用者証明用の電子証明書」の暗証番号(数字4桁)
 コンビニで住民票の写しまたは印鑑登録証明書を取得するときに使用します。
(3)「住民基本台帳事務用のアプリ」の暗証番号(数字4桁)
 個人番号カード用の暗証番号です。市役所の窓口で使用します。
(4)「券面事項入力補助用のアプリ」の暗証番号(数字4桁)
 市役所の窓口で使用します。

 

※(2)、(3)、(4)は同じものとすることができます。
※やむを得ず代理人がお越しになる場合の暗証番号欄には、暗証番号を記入して 「交付通知書(ハガキ)」表面の交付場所に貼ってある
目隠しシールを再利用し貼ってください(記入していただいた暗証番号は職員が確認・設定し、代理人にカードを交付します)
※暗証番号は,誕生日など,簡単に推測できるものは避けてください。


●電子証明書とは

オンライン(インターネットを通じて)で申請や届出といった行政手続などやインターネットサイトにログインを行う際に、
他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐための本人確認を行います。
その際に、 外部から読み取られるおそれのない個人番号カード等のICカードに「電子証明書」と呼ばれるデータを記録しなければなりません。
電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があり、それぞれの特徴は次のとおりです。

 

1.署名用電子証明書
・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。(例)電子申請(e-Tax等)、民間オンライン取引の登録など。
・「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。
2.利用者証明用電子証明書
・インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します。
(例)行政サイト(マイナポータル)へのログイン、コンビニ交付サービスの利用など。
・「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。

 

●内閣官房マイナンバー総合フリーダイヤル

 

【日本語窓口】 0120-95-0178 <制度全般・マイナンバーカード・通知カードについて>
 受付時間 平日9時30分~22時00分・土日祝9時30分~17時30分(年末年始を除く)

 

【外国語窓口】 0120-0178-26 <制度全般について>
【外国語窓口】 0120-0178-27 <マイナンバーカード・通知カードについて>
 受付時間 平日9時30分~22時00分・土日祝9時30分~17時30分(年末年始を除く)
 (中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語は平日のみ9時30分~ 20時00分まで)

 

お問い合わせ

市民課(市民年金係)
電話:0167-39-2301 / FAX:0167-23-2478