トップ記事日本脳炎の予防接種を受けましょう !!

日本脳炎の予防接種を受けましょう !!

公開日:

北海道では、これまで40年以上日本脳炎の患者がなく、感染を媒介する蚊も生息していないため、予防接種を行う必要のない区域に指定されていました。
しかし、道民が日本脳炎の発生している道外や海外に行き来する機会が増え、日本脳炎に感染する可能性が高まっているため、平成28年4月より、定期予防接種として行っています。

日本脳炎とは?

ウイルスを持つ蚊が人を刺すことによって感染する病気です。
人から人への感染はありません。
ウイルスに感染しても脳炎にならない人がほとんどですが、発症すると、高熱、頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害などの症状がでます。
日本では過去10年間に56人が発症し、3人が亡くなっています。

日本脳炎の予防接種の効果

日本脳炎ワクチンは、3回の接種で日本脳炎の発症を予防可能なレベルの免疫を獲得することができます。
その後、おおむね5年から10年ごとに1回接種することで、免疫を維持することが期待できます。

日本脳炎の予防接種の副反応

接種後3日目までに、発熱(18.7%)、せき(11.4%)、鼻水(9.8%)、接種部位の赤み、腫れ(8.9%)などの副反応がみられています。
また、ごくまれにショック、アナフィラキシー様症状(注記1)、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)(注記2)、脳症、けいれん、急性血小板減少性紫斑病注記(3)などの重大な副反応がみられることがあります。

  • (注記1)アナフィラキシー:呼吸困難、じんましんなどを症状とする重いアレルギー
  • (注記2)急性散在性脳脊髄炎(ADEM):頭痛、嘔吐、意識の低下などを症状とする脳などの病気
  • (注記3)急性血小板減少性紫斑病:血小板の減少により、出血しやすくなる病気

定期接種の対象年齢及び接種回数

<1>平成21年10月2日以降に生まれたかた

  • 1期:生後6月から生後90月(7歳6か月)に至るまでの間に3回接種
    • 初回接種:2回(6日以上、標準的には6日から28日の間隔をあける)
    • 追加接種:1回(2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をあける)
  • 2期:9歳以上13歳未満の間に1回接種

標準的な接種期間

  • 1期初回:3歳以上4歳に達するまでの期間に6日から28日までの間隔をおいて2回接種
  • 1期追加:初回接種終了後おおむね1年を経過した時期に4歳以上5歳に達するまでの期間に1回接種
  • 2期:9歳以上10歳に達するまでの期間に1回接種

ご注意

  • 生後90月を超え9歳未満の間及び13歳を超えた場合は、定期接種として受けることはできません。(任意接種として全額自己負担で接種することは可能です。)
  • 生後90月までに1期接種3回を完了できなかった場合、残りの回数を9歳に達してから接種することはできません。(任意接種として全額自己負担で接種することは可能です。)

※7歳6か月になるまでに初回接種を終了しないと、追加接種を定期接種として受けることができません。

​​​​​​​<2>平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれたかた(特例措置対象者)

生後90月に達するまでの期間に1期接種、9歳以上13歳に達するまでの期間に生後90月までに接種できなかった回数の1期接種と2期接種の計4回を定期接種として受けることができます。

接種スケジュール

  • ア.生後90月に至るまでの間に1期接種を3回接種できる場合
    • 6日以上(標準的には6日から28日)の間隔をあけて2回接種。
    • 2回目から6か月以上の間隔をあけて3回目を接種。
    • 9歳に達してから4回目(2期)を接種。
  • イ.生後90月に至るまでの間に1期接種を2回接種できる場合
    • 6日以上(標準的には6日から28日)の間隔をあけて2回接種。
    • 9歳に達してから3回目を接種。
    • 3回目から6日以上の間隔をあけて4回目(2期)を接種。
  • ウ.生後90月に至るまでの間に1期接種を1回接種できる場合
    • 9歳に達してから2回目を接種。
    • 2回目から6か月以上の間隔をあけて3回目を接種。
    • 3回目から6日以上の間隔をあけて4回目(2期)を接種。
  • エ.9歳に達してから接種を始める場合
    • 6日以上(標準的には6日から28日)の間隔をあけて2回接種。
    • 2回目から6か月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて3回目を接種。
    • 3回目から6日以上の間隔をあけて4回目(2期)を接種。

ご注意

  • 生後90月を超え9歳未満の間及び13歳を超えた場合は、定期接種として受けることはできません。(任意接種として全額自己負担で接種することは可能です。)
  • 3回目と4回目はおおむね5年の間隔をあけることが望ましいとされています。

<3>平成19年4月1日までに生まれた20歳未満のかた(特例措置対象者)

20歳に達するまでの間に、1期接種3回と2期接種の計4回を定期接種として受けることができます。

接種スケジュール

  • 6日以上(標準的には6日から28日)の間隔をあけて2回接種。
  • 2回目から6か月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて3回目を接種。
  • 3回目から6日以上の間隔をあけて4回目を接種。

ご注意

  • 20歳を超えた場合は、定期接種として受けることはできません。(任意接種として全額自己負担で接種することは可能です。)
  • 3回目と4回目はおおむね5年の間隔をあけることが望ましいとされています。

保護者の同伴なしで接種する場合

  • 13歳以上のかたに限り、あらかじめ保護者の同意が確認できた場合は、保護者の同伴がなくても接種することができます。
  • 保護者が署名した予診票と同意書の両方を医療機関に提出することが必要です。
  • 予診票と同意書は、保健センターでお渡しします。(郵送も可能です)
  • 既婚者は、保護者の同意は必要ありません。予診票には本人が署名してください。

※進学等の理由で市外の医療機関で受ける場合は、接種前に保健医療課までお問い合わせください。

実施医療機関

下記の医療機関で実施しています。必ず予約をして接種してください。

実施医療機関一覧表
医療機関名 電話番号 実施日時
富良野協会病院 0167-23-2181 毎週木曜日 午後1時30分から3時
(予約は月曜日から金曜日の午後2時から4時)
ふらの西病院 0167-23-6600 毎週金曜日 午後2時30分から午後4時
(2日前までに予約してください)
いんやく小児科クリニック 0167-39-1177 事前に予約が必要です。
実施日時については予約時に確認してください。
ふらの消化器・内科クリニック 0167-56-7058 中学生以上のかたのみ受けることができます。
事前に予約が必要です。
  • 予診票は、医療機関に置いてあります。
  • 受診の際は、母子手帳を必ず持参してください。

保護者のみなさまへ

道内での日本脳炎の発症状況や、予防接種の効果、副反応などを考慮のうえ、お子さんの接種についてご判断されますようお願いいたします。

カテゴリー