心に響く道徳教育

 今年も富良野商工会議所の荒木会頭にお越しいただき,5・6年生の道徳の授業を行って頂きました。

 会社がどんな人材を求めているかの話では,明るい人,やる気があり最後までやり遂げる人,挨拶ができる人とおっしゃっていました。ある会社で,インターンシップに来た高校生に次のような課題を出したそうです。「家で次のことをしてきなさい。ご飯の前にいただきます。食事が終わったらごちそうさま。寝るときはおやすみなさい。起きたらおはよう。」翌日,課題を達成したか聞いたら,皆できたとの返事。「親に,どうしたの?と言われました。」と報告があったそうです。家でも当たり前に挨拶ができると,癖になり日常的に挨拶ができるようになるとのお話でした。ぜひ,各ご家庭でも普通に挨拶を交わせるよう御協力願います。

2017年12月12日