富良野市立布部小中学校
HOME Facebook 演劇教育
            

Ⅰ 経営の方針 (2017年度)
学校経営の基本方針 熱意と連携で信頼を
校      訓 やさしく かしこく たくましく
教  育  目  標 「主体的に明日を創造する児童生徒」

【小学校】主体的に学び 健やかな心身を培う児童
【中学校】今日に学び 明日を拓く たくましい心身を培う生徒

Ⅱ 本年度の重点目標
課題をもって学び、進んで理解し、表現をしようとする児童生徒の育成。



Ⅲ 重点目標具現化の方策

① 自己肯定感と思いやりの心を育てる児童生徒指導の充実(やさしく)
思いやりと豊かな感性の育成。
主体性を養う自己肯定感の育成。
自己実現を図るコミュニケーション能力の育成。





② 学力の向上を図り表現力を育てる学習指導の充実(かしこく)
学ぶ意欲の醸成と学習習慣の定着。
基礎的・基本的内容の確実な定着。
論理的思考に基づいた表現力の育成。



③ 心身を鍛える健康・安全教育の推進と基本的生活習慣の確立
体力の向上と運動の日常化。
健康の保持増進と安全な行動の習慣化。
基本的生活習慣の確立



④ 一人ひとりのニーズに応じた特別支援教育の充実
個々の障害の状況や発達段階及び特性を的確に把握し、見通しをもった指導を進める。
保護者や関係機関との連携を強化し、支援の充実を図る。

⑤ 本校ならではの創意ある教育活動の展開
コミュニティスクールとしての十分な機能の発揮を推進する。
地域(外部)の人的・物的環境を最大限に活用した体験学習の充実を図る。
小中の日常的な連携と共同活動を推進する。




⑥ 学校の信頼と活性化を図る取組の充実

日常の教育活動を保護者や地域に広く公開し学校との意思疎通や理解を深める。
学校評価の分析結果を的確に学校改善に反映させる。
教員指導力向上を核とした校内研修の推進を図る。
明るく穏やかな学校内外の環境を作り出すため、校内掲示や美化の充実に努める。
配当予算の適切な執行、各種会計事務の厳正化を徹底する。




Ⅳ 基本情報 (2017年度)
所在地 〒076-0014  富良野市上五区
連絡先 TEL(0167)23-5569   FAX(0167)23-5867
 W E B http://www.city.furano.hokkaido.jp/nunobeshotyu/
学 籍 小学校 5(2)、中学校 5(3)  ※()は支援学級の内数
19名 (小学校;10名  中学校;9名)
教職員 校長、教頭2、教諭12、養護教諭、事務職員、業務吏員
教育目標 「主体的に明日を創造する児童生徒」  
研究主題 「どの子にも分かる授業づくり」
  ~ユニバーサルデザインの視点を取り入れて~
学校訓 「やさしく かしこく たくましく」  
校 舎 昭和60年(1985年) 1月29日 新校舎完成移転 
平成11年(1999年) 1月    屋内体育館改築落成


体育館に掲示されている「校訓」

Ⅴ 校歌・校旗・校章

(1)校歌制定
昭和35年以来、秋の学芸会に併せてPTAの母親がバザーを催し、その売り上げ利益を積み立て、校歌作成の資金造成を行ってきた。昭和40年になり、その積み立てが10万円に達し、これを契機に校歌制定にふみきることになり、歌詞の作成を北海道学芸大学旭川分校教授坂本富貴雄氏に依頼した。坂本教授は本校に足を運び、環境や校風をつぶさに見聞した後、同氏の要望を入れて作曲を同助教授の栗林辰男氏に依頼した。
校歌の楽譜、音源はこちらからどうぞ。

(2)校 旗
布部尋常小学校時代に校歌(昭和11年9月)を制定してあったが、校名変更になり、使用されないままであった。昭和33年の卒業記念に渡辺代治郎氏から新学校名入りの校旗一流が寄贈された。しかし、それも昭和58年10月の学校火災により焼失し、そのため、翌年昭和59年12月相田嗣郎氏により、小学校校旗、中学校校旗がそれぞれ一流ずつ寄贈され、校舎落成記念式典において披露された。




Ⅵ 希望の像

 昭和元年から昭和14年7月まで、中五区に居住し、 同年大志を抱き南米、アルゼンチンに移民し現地で 農業経営に成功した高島五作氏が昭和37年に帰国した。
翌昭和38年8月故郷の富良野市を訪れた際、役場に高松町長を訪ね、かつて子どもがお世話になった育良小学校(昭和33年本校に統合)のためにと、金五拾万円が統合後の布部小学校に贈られることになった。本校では、この高嶋氏の厚意を受け、氏の次の世代を担う子どもたちに大きな希望をよられる意志を永くあらわすために校庭にふさわしい彫像を建立することになった。
 学校では早速PTA会長が中心となって「希望の像設立期成会」をつくり、教育委員会とも協議して、像建立の計画を立て、その仕事が進められた。彫像の制作は、東川村在住の松田与一氏に依頼し、建立する場所は校庭の植樹してある所とし、PTAの奉仕作業により整地が進められた。一方彫像については、松田与一氏が心血を注いで構想を練り、昭和39年1月にその原形ができ、3月に至り粘土により完成した。像は「希望の像」と命名され、石膏型によって、白セメント流し込みの作業が進められ、8月13日台座に着座を終えた。台座には高島五作氏揮膏の「希望」並びに「子どもに希望をよせて」の陶製標札が、高島氏によってはめこまれた。この標札は、旭川市在住の陶芸家板東陶光氏の手によってつくられた。8月30日には、寄贈者高島五作氏を招き、制作者をはじめ、町長・教育委員会関係者・校下有志多数参列の中、高島氏の縁者にあたる中島ケイ子・照子・広義の三姉弟の手によって除幕され盛大な式典が行われた。





Ⅶ 学校の沿革

明治42年 9月 布部東1線3番地・笹倉氏宅地の小屋を布部簡易教育所
           として発足
   43年     布部市街地・落合氏宅付近に移転
大正 8年 6月 人口減少・児童数減少により、第一下富良野尋常小学校
           に併合
昭和 7年 4月 布部川以南を通学区とし、扇山尋常小学校布部特別教授場を布部
           東1線2番地の公会堂内に設置(1学級 児童数80名)
    8年 4月 布部尋常小学校と改称(2学級 児童数100名)
           校章制定(考案者・初代校長 山本進氏)
    9年 3月 布部尋常小学校第1回卒業式 卒業生15名
    11年 9月 校旗制定
    16年 4月 学制改正により、布部国民学校と改称
            (3学級 児童数129名)
    22年 4月 学制改正により、富良野町立布部小学校と改称
            (3学級 194名)
    26年 1月 上五区に中学校舎完成、富良野町立第一中学校第二分校として授業開始
         4月 富良野町立布部中学校として認可・設置
            (3学級 生徒数126名)
            育良小学校校下の上五区を布部小学校の通学区域に変更
            (4学級 184名)
         9月 中学校校章制定(考案者不明)
    27年 3月 布部中学校第1回卒業式 卒業生38名
        11月 小学校開校20周年記念式典実施
    32年12月 上五区の中学校敷地に小学校校舎を新設し移転
            (7学級 児童数281名)
    

    33年 4月 育良小学校と統合(8学級354名)、上御料は分校となる
            布部小中学校PTA創立
        12月 屋内運動場新設完成(小・中共同使用)
    37年 1月 小中併置校となる。武田正一校長小学校校長を兼務発令
    39年 8月 「希望の像」完成(中五区出身の高島五作氏より寄贈)
             ・制作者 松田与作氏 ・標札制作者 板東陶光氏
            PTA奉仕作業により「希望の森」完成
    40年 9月 校歌制定 ・作詞者 坂本富貴雄氏(教育大学旭川校教授)
                    ・作曲者 栗林 辰 男氏(教育大学旭川校教授)
            交通安全研究指定校となる。(41・42年度)
    43年 1月 学校給食を開始(完全給食)
         7月 前庭に簡易プールを設置(25m×10m)
        11月 放送教育研究大会を開催
    45年10月 PTA並びに地域有志の寄贈により、自転車置き場を設置
        12月 PTAの奉仕作業により、正面門柱を移設
    50年 4月 富良野市学習研究指定校
    55年 3月 布部小中学校同窓会結成及び総会 初代会長 森本正義氏
    58年10月 屋内運動場を除く全校舎を焼失
    59年 6月 新校舎の工事着工
    60年 1月 3階建ての新校舎完成、移転(29日)
         2月 新校舎落成記念式典・開校執念記念行事
            (小学校53年、中学校35周年)
    61年 6月 「がんばり山」の新設
    62年 5月 「ぶどう園」圃場整備完了、苗木27本植樹
    63年 7月 PTA奉仕作業により、プール屋根かけ工事・ビニール張り
            (寄贈額221万円)
 平成 2年 2月 屋内運動場改築の陳情書提出
     3年 5月 富良野市教育研究実践指定校(平成3・4年)
     4年 9月 「交通安全誓いの日」設定
        10月 小学校60周年、中学校42周年の集い開催
     7年11月 パソコン8台設置
        12月 屋内運動場改築促進期成委員会発足
     8年11月 屋内運動場改築工事要望書提出
        12月 地域教育連絡協議会結成
    10年 2月 富良野市道路河川愛護優良団体市長賞受賞(生徒会)
         6月 屋内運動場改築工事開始
         7月 中体連上川支庁大会出場
            (卓球団体・ソフトテニス個人ペア)
        12月 新屋内運動場落成
    11年 1月 屋内運動場落成記念式典
        10月 上へき・複南部地区研究大会
    12年 7月 中体連富良野地区卓球大会男子団体戦優勝
             中体連上川支庁大会出場
            (男子卓球団体・個人、女子ソフトテニス個人ペア)
        11月 布部中学校開校50周年記念式典(5日)
    13年 6月 プール屋根のビニル、安全ネットの更新
    14年 2月 パソコン3台設置、無線RAN設備
         7月 中体連富良野地区卓球大会男子個人戦優勝
            中体連上川支庁大会出場
            (男子卓球個人戦、女子ソフトテニス個人ペア)
    15年 7月 中体連上川支庁大会出場(女子ソフトテニス個人ペア)
        10月 前庭にバードテーブル設置(布部サポートクラブ)
    16年 7月 中体連上川支庁大会出場(女子ソフトテニス個人ペア)
         9月 台風により校舎裏ニレの木、希望の森及び学校見本林倒木伐採処理
            デスクトップパソコン1台、ノートパソコン9台、カラープリンタ、
            レーザープリンタ各1台を2階パソコン教室に設置
    17年 6月 中体連陸上富良野地区大会女子砲丸投げ優勝
         7月 中体連上川支庁大会出場(女子ソフトテニス個人ペア)
    18年 7月 中体連富良野地区大会優勝(女子ソフトテニス個人戦ペア)
            中体連上川支庁大会出場(女子ソフトテニス個人戦ペア)
    19年11月 富良野市子ども未来づくりフォーラム会場
    20年 7月 中体連上川支庁大会出場(男子卓球個人)
    21年 3月 自転車小屋裏落葉松4本伐採、教室カーテン(8教室)、網戸設置
    21年 7月 中体連上川支庁大会出場(男子卓球個人)
    22年 1月 プラズマテレビ3台、ブルーレイリコーダー1台、電子黒板1台設置
    22年 3月 教師用パソコン18台設置、インターネット設備配備
    24年 9月 iPad7台配備
    24年10月 第10回ふらの演劇祭参加(小学校)
    25年10月 第11回ふらの演劇祭参加(小学校)
    26年10月 第12回ふらの演劇祭参加(小学校)
            学校Facebook開設
    27年 8月 布部小中学校オリジナルキャラクター「ぬのべ犬」誕生
        10月 第13回ふらの演劇祭参加(小学校)
    28年 6月 「ぬのべ犬」LINEスタンプ販売開始
        10月 NHK「ほっとニュース北海道」出演
            第14回ふらの演劇祭参加(小中合同)
            イトイ産業地域貢献活動(幅跳びピッチ・砂場・テニスコート整備・車場整地)
    29年 1月 赤川建設地域貢献活動(雪上滑り台づくり)



076-0014 富良野市上五区  富良野市立布部小中学校
TEL(0167)23-5569  FAX(0167)23-5867
©
Nunobe Elementary and Junior High School.All Rights Reserved.
HOMEへ