富良野市立布部小中学校
HOME Facebook 演劇教育


演劇教育


小規模校である本校の特色を生かした教育活動のひとつとして
創造力やコミュニケーション能力の獲得を目指した
演劇教育に取り組んでいます。
ストーリー作りの段階からみんなでアイディアを出し合いながら
学年の壁を越えて
全員で演劇を創作します。
歌・踊り・影絵・映像・お客さんとのやりとりなど・・・
「布部ワールド」満載のオリジナル演劇。
最後は「ふらの演劇祭」での上演を目指します。



  過去の上演台本を公開します。
    ファイル形式はPDFです。
    学芸会や学習発表会等で上演を希望される場合はご連絡ください。
    (本校は小規模校なので、全学年合同でひとつの劇を上演しています。)
2012年 第10回ふらの演劇祭上演作品
オニオンたろう (11人 20分)
玉ねぎ畑に囲まれた布部らしく、オニオンから生まれたオニオンたろうとなりました。桃太郎からスタートしたはずが、原型はほぼ無くなり、予想外の展開に転がっていきました。「わたあめ」は子ども達の好きなお菓子からです。

《あらすじ》かつては豊かなオニオン(玉ねぎ)畑に囲まれていた布部村。しかし、今はなぜか村にオニオンの影はなく、代わりに「わたあめ」で埋め尽くされていた。そんな布部村に、ある日突然、大きな大きなオニオンが流れ着いた・・・。



PDFファイルを開く
2013年 第11回ふらの演劇祭上演作品
木が危機でキーキー (11人 25分)
いろいろな「場」で起こる物語を想像する中で、学校の前庭のイチョウの木に、みんなの興味が集まりました。みんなが木登りをしてきた、大好きな木。その木にまつわるちょっと不思議な話となりました。

《あらすじ》布部小学校の前庭には、大きなイチョウの木がある。その木は、昔から「木登りの木」として、布部の子どもたちに親しまれてきた。そんなイチョウの木の中に、ひょんなことから入ってしまった女の子、キキ。その木の中には、なんとも不思議な世界が広がっていた・・・!



PDFファイルを開く
2014年 第12回ふらの演劇祭上演作品
じゃっかんひょうたん島事件 (12名 30分)
鼓笛行進で演奏した「ひょっこりひょうたん島」。しかし実はほとんど知らない「ひょうたん島」。今回は子ども達の柔らかい頭で、ひょうたん島について想像をふくらませ、島で巻き起こる事件をみんなで創作しました。

《あらすじ》オホーツク海をフェリーで旅行中の家族に、突如悲劇が・・・!みさきが流れ着いたのは「じゃっかんひょうたん島」。謎の多いその島で、みさきはとある事件に巻き込まれる。やがてその事件はさらなる事件の引き金となる・・・。じゃっかんひょうたん島に隠された秘密とは?そしてみさきは無事帰ることができるのか?はたして、じゃっかんなのはひょうたん島なのか事件なのか?この秋、布部小中学校がお送りする、謎が謎を呼ぶ、極上のじゃっかんミステリー。



PDFファイルを開く
2015年 第13回ふらの演劇祭上演作品
ろくは ろくでも ろくでなし (12名 50分)
今回は「ホラー」&「学園もの」&「ラブコメ?」というテーマでいきたい!ということで、よくある話になるのかな?と思いきや。なんと主人公は、用務員さんと事務員さんです。いったいどんなホラー(?)な展開が待ち受けているのか…はたまた全く待ち受けていないのか…。

《あらすじ》布部小中学校に赴任してきた用務員さん。しかしその学校は少し変。奇妙なことに、「6」という数字のつくものがなにひとつない!?そんな学校を救うため、事務員さんも巻き込んで、真夜中の学校探険が始まる。不気味に響くあの歌…迫り寄るすすり泣き…いったい6が消えた原因とは…?この秋、富良野を震撼させるかもしれない、学園ラブホラーシャンソンショー!!



PDFファイルを開く





076-0014 富良野市上五区  富良野市立布部小中学校
TEL(0167)23-5569  FAX(0167)23-5867
©
Nunobe Elementary and Junior High School.All Rights Reserved.
HOMEへ