市長のご挨拶

北海道のへそ 富良野市ホームページにようこそ

能登市長

 

富良野市長 能登 芳昭


 富良野市は、北海道の中央部に位置し「へそとスキーとワインのまち」として農業と観光を基幹産業に発展してまいりました。

 

 西方に芦別岳、東方には十勝岳連峰がそびえ、清流空知川がもたらす肥沃な大地からは、「安全・安心」で消費者の信頼に応えられる品質の高い農産物が生産されております。

 

 昭和56年から放映されたテレビドラマ「北の国から」のロケ地として全国的に「富良野」の知名度が上がり、年間を通じて多くの観光客が訪れています。

 

 農村景観に加え、ラベンダーに代表される彩りの花々や、良質な雪質と大雪山連峰の雄大なロケーションを望む「富良野スキー場」、ワイン、チーズなどの特産品やごみのリサイクル、へそ祭り、演劇などの地域資源を生かし、平成29年度に予定されております「ブランド観光圏」の認定に向けて、日本の顔となる観光地づくりを推進しています。

 

 中心市街地の人気スポットの「フラノ・マルシェ」、「マルシェ2」は、開業以来多くの人々で賑わいを見せており、依然好調な入込みが続いています。

 

 また、富良野市では移住希望者への相談窓口の設置や、市内で生活体験ができる「お試し暮らし住宅」をご用意しており、富良野市への移住を検討されている皆様に、富良野の魅力をより深く知っていただく機会を設けております。

 

 本市におきましては、人口減少、少子高齢化が進む中、「地方創生」に向き合うために、昨年、「富良野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定いたしました。

 

 次世代へ向けてさらなる発展を遂げ、「住み続けたいまち、そして、子どもたちに誇れるまち」を目指し、市民と地域、そして行政が一体となって、住み慣れた地域で生きがいを持ち、安心して暮らせるまちづくりを進めてまいります。