臨地実習の対応について

2021年6月8日

臨地実習の対応について

 

日頃より本校の学校運営に関しまして、ご理解とご協力を賜りますことに感謝申し上げます。
新年度が始まり2ヵ月が過ぎましたが、新入生も学校に慣れ、落ち着いた学校生活を過ごしております。
また、2・3年生におかれましては、さらに専門的な学修に取り組んでいるところでございます。
そうした中、北海道において5月16日からの「緊急事態宣言」の発令を受け、本校において6月21日から予定していた臨地実習は、当面の間、中止し、学内実習へ変更することと致しました。
実習内容や方法等の方略の創意工夫し、最大限の学習効果が得られます実習の展開を学生の皆さんとともに実践してまいりたいと考えております。
一方で本学生に対する新型コロナワクチン接種におきましては、並行して接種時期を調整してまいりましたが、6月10日から11日に接種できる体制が整いましたので、接種後、安全・安心に実施できる臨地実習開始に向け鋭意努力してまいりますので、ご理解ご協力をお願い致します。
また、厚生労働省及び北海道から示されております「新型コロナウィルス感染症の発生の伴う看護師等養成所の臨地実習の取扱い等について」の通知に基づき、適切に対応してまいりたいと考えております。
今後においても「感染しない・感染させない」ことを目標に、更なる感染対策を講じながら学習を進めてまいりますので、保護者・学生の皆さんのご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

保護者並びに学生の皆さまへ~臨地実習の対応について~(71KB)

お問い合わせ

看護専門学校
電話:0167-22-5510