【ご案内】「ワーケーション実証費用助成金」について

2021年4月21日

 「ワーケーション実証費用助成金」を活用し、富良野市でワーケーションを実施しませんか?


 富良野市では、市外企業の社員等が、本市の宿泊施設に滞在し、テレワークや研修などの仕事と余暇を組み合わせたワーケーションを実証した場合、市内の宿泊費及びワークプレイス利用料の一部を助成します。

 北海道の「へそ」に位置する自然豊かな富良野市で、ワーケーションやリゾートテレワークをしてみませんか?

 ご質問等ありましたら、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

■ 対象者

 次に掲げる(1)または(2)に該当し、(3)から(7)の要件を全て満たす企業等に務める社員等(但し、中小企業・小規模事業者においては役員も含む。)とする。

  (1) 日本標準産業分類に掲げる情報通信業の企業等

  (2) テレワークの活用を通して柔軟な働き方を推進する企業等

  (3) 法人として既に1年以上の事業活動実績があること。

  (4) 企業等から宿泊費、ワークプレイス利用料を支給されていないこと。

      ただし、社員等が企業等に当該助成金の活用を事前相談し、承認を得た上で、社内規定等に基づき、企業等が支給する場合はこの限りでない。

  (5) 国・都道府県その他の公的機関から同種の助成金等を重複して交付を受ける者でないこと。

  (6) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に定める業種、公序良俗に反する事業又は宗教的施設として活用する事業を営む者でないこと。

  (7) 富良野市暴力団排除条例(平成26年12月22日条例第28号)第2条第1号に規定する暴力団、同上第2号に規定する暴力団員及び同条第3号に規定する暴力団関係事業者に該当しない者であること。

  ※個人事業主、フリーランスの方のご利用はできませんのでご留意ください。

■ 助成対象経費・助成限度額

助成対象経費 助成限度額 助成割合 単位 備考
宿泊費(素泊まり又は朝食付き) 10,000円 1/2以内 1泊/1人 7連泊分まで助成
ワークプレイス利用料 3,000円 1/2以内 1日/1人 5日分まで助成

■ 助成要件

  (1) 富良野市内に4泊以上滞在(連泊に限る・宿泊施設の変更は可)すること。

  (2) 同一期間中に同一の企業等に所属する社員等による実証は、5人以内であること。

  (3) 同一社員等が年度内に実証できるのは2回までとする。

  (4) 同一企業の社員等が年度内に実証できる延べ人数は、10人以内であること。

  (5) 滞在期間中、ワーケーションの実施をSNSで紹介し、本市の魅力を発信すること。

  (6) 滞在期間中、本市の関係者と1回以上、情報交換会あるいは交流会に参加すること。

■ 助成交付金までの手続き

助成対象者(個人) 富良野市(企画振興課)
(1) 「実証申込書」の提出  
  (2) 「実証受入決定通知書」の送付
(ワーケーション実施後)
(3) 「交付申請書」「実績報告書」の提出  
  (4) 「助成金交付決定通知書」の送付
(助成金の請求)
(5) 「助成金交付請求書」の送付  
  (6) 助成金交付

■ 要綱・様式等

00ワーケーション実証費用助成金_交付要綱.pdf(83KB)

【様式第1号】ワーケーション実証申込書(申込者→市).doc(45KB)

【様式第3号】ワーケーション実証費用助成金交付申請書(申込者→市).doc(32KB)

【様式第4号】ワーケーション実証費用助成金実績報告書(申込者→市).doc(56KB)

【様式第6号】ワーケーション実証費用助成金交付請求書(申込者→市).doc(33KB)

 ※【様式第6号】のみ押印が必要となります。

■ 問合せ・申請先

 富良野市企画振興課企画振興係( 〒076-8555 北海道富良野市弥生町1番1号 )

  (TEL)0167-39-2304 (MAIL)iju.soudan@city.furano.hokkaido.jp

 

詳しくは交付要綱をご確認願います。

オンラインによる相談も受付・対応していますので、お気軽にご相談ください。

ワーケーション実証費用助成金(富良野市)チラシ.jpg

ワーケーション実証費用助成金(富良野市)チラシ.pdf(310KB)

ワーケーション_ワンストップ窓口(チラシ).jpg

ワーケーション_ワンストップ窓口(チラシ).pdf(600KB)

 

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121