<募集>富良野市ICT利活用推進計画(案)について

2021年2月1日

富良野市ICT利活用推進計画(案)について

 

意見募集案件 富良野市ICT利活用推進計画(案)について
担当課 総務部 スマートシティ戦略室
電話 0167-39-2305

対象案件 富良野市ICT利活用推進計画(案)について
意見募集期間 令和3年2月1日から令和3年2月22日
原案の公表場所
(閲覧・配布)
・行政情報コーナー
・山部支所
・東山支所
・文化会館
・図書館
・担当窓口(スマートシティ戦略室)
・ホームページ
・広報ふらの2月号(概要のみ)
意見の提出方法 ・書面(様式自由)による提出
・封書、ファクシミリ、電子メール、録音テープ(記録性の確保可能なもの)、直接提出、意見箱(公表場所に設置)への投函のいずれか
・意見提出者は、住所・氏名を記入のこと(住所・氏名の公表は行わないが、記入のない意見には回答できない場合がある)
意見書(32KB)
意見書(152KB)
意見提出対象者 ・市内に住んでいる方
・市内で働いている方
・市内で学んでいる方
・市内に事業所がある法人やその他の団体
意見提出先
(問合せ先)
総務部 スマートシティ戦略室
郵便番号076-8555
富良野市弥生町1番1号   
電話 0167-39-2305
ファクシミリ 0167-22-1171
電子メールアドレス scf@city.furano.hokkaido.jp
意見検討結果の公表 令和3年4月頃
※検討を終えたときは、意見の概要・意見に対する市の考えや案を修正したときはその内容を公表。
(ただし、個別回答は行なわない)
市の原案及び関連事項
(※原案は別途添付)

(1)原案を作成した趣旨(背景や必要性、目的など)

ICT(情報通信技術)をめぐる技術進歩は、私たちの想像を超えるスピードで進展しています。
端末やセンサー類の小型軽量化・低廉化と、それに伴うデータ流通量の飛躍的な増大は、「モノのインターネット(IoT=Internet of Things)」、「人工知能(AI=Artificial Intelligence)」、「ビッグデータ」の活用につながり、社会にこれまで以上の変革をもたらすといわれています。
こうした状況を踏まえ、平成28年12月、国は官民のデータ利活用のための環境を総合的かつ効果的に整備するため、官民データ活用推進基本法を施行し、都道府県や市町村に対して、官民データ活用の推進に関する計画の策定を義務づけました。
本市は、官民データ活用推進基本法に基づき、国がめざすべき未来社会の姿として提唱しているSociety5.0を見据え、ICTを活用して人々にとって住みよい環境を実現する都市「スマートシティ」をめざすとともに、新庁舎供用開始に向けてICTを活用した業務プロセスの抜本的な改革を図ることを目的に、本計画を策定します。

(2)原案の骨子(概要)

第1章 計画の策定にあたって

1. 計画の目的
2. 計画の位置づけ
3. 計画の期間

第2章 ICTをめぐる動き

1.情報化政策の動向
2. 北海道の情報化政策の動向
3. 富良野市を取り巻く情勢

第3章 ICT利活用に関する基本的な考え

1. 基本理念

ひと・モノ・情報がつながるスマートシティ富良野
~ICTの恩恵を市民誰もが享受できるデジタル社会をめざして~

2. 基本方針

<1>ICT利活用による行政事務の効率化
<2>ICT利活用による市民の利便性向上
<3>オープンデータの活用推進と情報セキュリティ対策

3.基本施策

(3)市民への影響(検討の争点等)

 

(4)その他(法令根拠、自治体の類似事例など)

・官民データ活用推進基本法
・北海道ICT利活用推進計画

富良野市ICT利活用推進計画(案)(6MB)

その他必要事項

(1)原案検討経過

・令和2年5月

庁議にてICT利活用推進計画(素案)の協議

・令和2年5月

市議会にてICT利活用推進計画(素案)の説明

・令和2年6月

市職員に対してICT利活用推進計画(素案)の説明

・令和2年8月~11月

富良野市役所働き方改革戦略提案業務委託

・令和2年12月

働き方改革戦略提案に基づき素案の一部修正

(2)PC後の今後のスケジュール

・令和2年4月以降

LINE公式アカウントの構築
業務プロセス改革に資するRPA等実証実験
ペーパーレス会議の本格導入
テレワークの試行