住宅用火災警報器は設置から約10年が交換目安です

2021年2月1日

住宅用火災警報器は設置から約10年が交換目安です

 

住宅用火災警報器は、約10年の寿命と言われ、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しない恐れがあります。
設置から年数が経っているお宅は点検スイッチが機能としてありますので、こまめに点検をお願いします。
電池が切れている場合は、電池の交換か本体の交換をお願いします。
(日本火災報知機工業会では10年での取替えを推奨しています)

10年たったら、とりカエル。

お問い合わせ

富良野消防署
電話:0167-23-5119