富良野市からのお知らせ~新型コロナウイルス感染拡大防止のために~

2020年12月17日

富良野市からのお知らせ~新型コロナウイルス感染拡大防止のために~

 

北海道では、これ以上の感染拡大を徹底的に抑え込むため、新型コロナウイルス感染症集中対策期間を、1月15日(金)まで延長しました。
富良野市内及び近隣でも、今冬、新型コロナウイルス感染症が発生しています。
市民の皆さん一人ひとりが、「マスク着用」「手洗い消毒」「3密の回避」の継続と更なる感染拡大防止に向けた取り組みをお願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症対策 警戒ステージ3

年末年始を見据えて感染拡大を徹底して抑え込むための集中対策期間 12月12日(土)~1月15日(金)

 

▶感染拡大防止にむけた取り組み◀

 

■感染リスクを回避できない場合は、札幌市や、外出自粛などの行動制限の要請がある都府県との不要不急の往来を控えてください。(特に12月25日まで)

※旭川市内では、不要不急の外出を控えるようお願いしています。

■感染リスクを回避する行動を徹底しましょう。

・自宅を含む飲食の場面(同居者のみの場合を除きます)では、5人以上やマスクをしない大声での会話、2時間を超える長時間の飲食を控える
・「新北海道スタイル」の実践を宣言していない店舗や施設の利用を控える
・重症化リスクの高い方(高齢者や基礎疾患を有する方など)と接する方、重症化リスクの高い方においては、マスクの着用、手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底する
・発熱や咳があるなど体調が悪い場合は外出を控える
・「国の接触確認アプリ(COCOA)」や「道のコロナ通知システム」を活用する
・年末年始における挨拶回りを自粛する

新北海道・ふらのスタイルロゴ

 

▶健康で過ごすために◀

■1日3分のラジオ体操を毎日の習慣にしましょう。

ラジオ体操は、健康な人なら負荷も少なく、子どもから高齢者まで誰でも手軽にできる体操です。
ラジオ体操には、体力年齢や血管年齢の若返り、肩こり・腰痛の予防・解消、骨粗鬆症の予防など様々な効果があります。
ラジオ体操を毎日の習慣にして、閉じこもりによる体力や筋力の低下を防ぎましょう。

 

新型コロナウイルス感染症が心配なときは

(1)「かかりつけ医」がいる方は、かかりつけ医に電話相談を!
(2)「かかりつけ医」がいない方は、下記の相談センターに電話相談を!

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
電話 0800-222-0018(24時間・フリーコール)

 


 思いやりの心でコロナを乗り越えましょう

 

新型コロナウイルス感染症の拡大は、長年培ってきた、人との交流を減らし、関係を希薄にし、扶助の精神さえ奪おうとしています。
私たちの心は、「区別し、分ける」働きも持っていますが、同時に「協力し、つながる」働きも持っています。
すべては心と体(身)が生まれた時からひとつながりのものであるように、人それぞれの関係性は本来分けることはできないものであるはずです。
感染から身を守れなかった患者さん、その治療に献身的に努めている医療従事者の方々や、関係するご家族に対する差別的行動や発言は絶対にあってはなりません。
新型コロナウイルス感染症にかかわる偏見や差別は、体調不良の時の受診をためらわせ、あるいは陽性となった時も他者への配慮から行動履歴を不明確にすることで、感染を再拡大させてしまったり、感染症への対応に支障が出たりすることも懸念されます。
コロナウイルスと向き合う時に必要なのは、病院や治療薬だけでもなく、関係性を持って存在している私たちの一体感の認識なのではないでしょうか。
未知のウイルスは確かに「こわい」ものですが、深い人間関係の守りがある場の中でこそ、私たちは乗り越えて行くことができるはずです。
今一度、大切な人を守るため、「感染しない・させない・悩まない」といった基本的な感染予防の徹底と、コロナウイルスの不安に冷静に対応する「オール富良野」の心が重要となります。
早期の収束、そして皆さんご自身と大切な人の命と健康を守るため、ご理解とご協力を、よろしくお願い致します。

 

富良野市新型コロナウイルス対策本部長 富良野市長 北 猛俊

正しく思いやりのある行動を


 富良野市からのお知らせ~新型コロナウイルス感染拡大防止のために~(令和2年12月17日)(693KB)

お問い合わせ

総務課
電話:0167-39-2300
ファクシミリ:0167-23-2120