新型コロナウィルスなどの感染症対策のためのご家庭での「ごみ」の出し方

2021年3月17日

新型コロナウィルスなどの感染症対策のためのご家庭での「ごみ」の出し方

~ごみを出すときに心がける5つのこと~

 

その1

ごみ袋は、しっかりと縛ってください。
ごみが散乱せず、収集作業員が運びやすくなります。

その2

ごみ袋の空気を抜いて出しましょう!
ごみ収集車での袋の破裂を抑え、ウィルスの飛散を抑えることができます。

その3

ごみの分別・収集のルールを守りましょう!
ごみの処理は町内会の方や、収集車やリサイクル施設で働く人の力で成り立っています。
迷惑をかけないためにも、ルールを守って「ごみ」を出しましょう。

その4

感染の恐れがある「ごみ」は1週間の自宅保管をお願ねがいします。
ごみ収集やリサイクル施設で働く人の感染防止のため、新型コロナウィルスの感染力がなくなるとされる1週間程度の自宅保管を行ったあとに資源回収ステーションを利用してください。

その5

ごみ処理施設への持ち込みは控えてください。
作業員の感染予防のため、処分を急がない分別ごみの市施設や民間施設への持ち込みを当面の間、控えるようお願いします。


新型コロナウィルスに関するマスクなどの出し方

(1)感染予防で使用したマスクやティッシュは「固形燃料ごみ」になります。
(2)感染者及び濃厚接触者が使用したマスクやティッシュは小袋に入れ、口をしっかり縛ってから「衛生用品ごみ」の指定袋に入れてください。
(3)感染の恐れがある「ペットボトル・プラ容器・わりばし・空き缶」は、水で洗い、水分を切って区分ごとに分別してください。
(4)感染者及び濃厚接触者の自宅から出される大型ごみ・小型電気製品の排出については、PCR検査結果が陰性になってから申し込みを行ってください。
(5) ごみを扱うときは、以下のことを参考にしてください。

ごみ排出周知チラシイラスト

新型コロナウィルスなどの感染症対策のためのご家庭での「ごみ」の出し方(890KB)

お問い合わせ

環境課
電話:0167-39-2308
ファクシミリ:0167-23-1313