<募集>第6次富良野市総合計画基本構想原案について

2020年10月1日

第6次富良野市総合計画基本構想原案について

 

意見募集案件 第6次富良野市総合計画基本構想原案について
担当課 総務部 企画振興課
電話:0167-39-2304

対象案件 第6次富良野市総合計画基本構想原案について
意見募集期間 令和2年10月1日から令和2年10月20日まで
原案の公表場所
(閲覧・配布)
・行政情報コーナー
・山部支所
・東山支所
・文化会館
・図書館
・担当窓口(企画振興課)
・ホームページ
・広報ふらの10月号(概要のみ)
意見の提出方法 ・書面(様式自由)による提出
・封書、ファクシミリ、電子メール、録音テープ(記録性の確保可能なもの)、直接提出、意見箱(公表場所に設置)への投函のいずれか
・意見提出者は、住所・氏名を記入のこと(住所・氏名の公表は行わないが、記入のない意見には回答できない場合がある)
意見書様式(28KB)
意見書様式(31KB)
意見提出対象者 ・市内に住んでいる方
・市内で働いている方
・市内で学んでいる方
・市内に事業所がある法人やその他の団体
意見提出先
(問合せ先)
総務部 企画振興課
郵便番号:076-8555
富良野市弥生町1番1号 
電話:0167-39-2304
ファクシミリ:0167-23-2121
電子メールアドレス:kikaku-ka@city.furano.hokkaido.jp
意見検討結果の公表 令和2年11月頃
※検討を終えたときは、意見の概要・意見に対する市の考えや案を修正したときはその内容を公表。
(ただし、個別回答は行なわない)
市の原案及び関連事項
(※原案は別途添付)

(1)原案を作成した趣旨(背景や必要性、目的など)

「総合計画」は地方自治体経営の最上位に位置付けられる計画で、中長期的な視点に立ち、新たな時代に対応できるまちづくりの指針となるものです。
総合計画は、中長期的なまちづくりの方向性と基本的な考え方を示す「基本構想」と、基本構想を踏まえて施策を体系的に示す「基本計画」から構成され、さらに基本計画は、特に力を入れて取り組む「重点施策」と、着実に取り組む「基本施策」に分けられます。
期間は、基本構想を令和3年度から10年間とし、基本計画は前期2年・中期4年・後期4年とし、市民ニーズにスピード感を持って対応できるよう3期に区分しています。

(2)原案の骨子(概要)

<1>総合計画策定の前提・大切な視点

少子高齢化や人口減少、環境問題などからくる複雑な社会課題、テクノロジーの急速な進展など、これまでとか社会構造が大きく変わってきています。
今までと同じ方法や考え方だけでは、現状の維持すら難しい時代が既に訪れています。
市民の声の分析や、世の中の動向を広く収集することで、総合計画策定にあたっての「前提・大切な視点」を言語化しています。

<2>基本構想原案

総合計画策定の「前提・大切な視点」をもとに、これから10年間のまちづくりの方向性と基本的な考え方として、基本構想原案を検討しました。
基本構想原案では、「まちづくりスローガン」と「まちづくりコンセプト」を言葉と図で表し、さらに様々な立場を越えて共創していけることを願い「まちづくりメッセージ」を添えています。

◆まちづくりスローガン

まちづくりの方向性、合言葉

◆まちづくりメッセージ

スローガンに込めた思い、コンセプトとのつながり

◆まちづくりコンセプト

まちづくりの基本的な考え方、観点

(3)市民への影響(検討の争点等)

基本構想は、富良野市の総合的かつ計画的な行政の運営を図るためのものです。

(4)その他(法令根拠、自治体の類似事例など)

富良野市議会の議決すべき事件を定める条例第2条第3号

第6次富良野市総合計画基本構想原案(2MB)
補足資料1(2MB)
補足資料2(6MB)

その他必要事項

(1)原案検討経過

令和元年度 市民意識調査、転出入者アンケート調査の実施
市民ワークショップ、地域懇談会の開催など
令和2年6~8月 総合計画・総合戦略有識者会議の開催

(2)PC後の今後のスケジュール

10月から2月 総合計画・総合戦略有識者会議の開催(予定)
10月から11月 地域懇談会の開催(予定)
12月:議会審議(予定)
※基本構想に基づいて策定する前期基本計画及びまち・ひと・しごと創生総合戦略については、令和3年1月頃にパブリックコメントを実施する予定です。