市内における各種イベント・会議・研修会などの開催に当たって

2020年3月30日

市内における各種イベント・会議・研修会などの開催に当たって

富良野市新型コロナウイルス対策本部

 

新型コロナウイルス感染については、富良野地方においては、一定程度に収まりつつありますが、全国的には感染が拡大してきており、爆発的な感染拡大(オーバーシュート(爆発的患者急増))も懸念されております。

市内においても、国・北海道の要請に応え3月までの会議、イベント等の延期・中止などの対策を講じられてきたところでありますが、今後においても以下の点にご留意のうえ、ご対応を図ってくださいますようお願いいたします。

また開催にあたっては、国の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の提言などを踏まえ感染防止対策を図ったうえでのご対応をお願いします。

 

1.「3つの条件が同時に重なった場」の設定を避ける。

集団感染が確認された場に共通する(1)換気の悪い密閉空間、(2)多くの人が密集、(3)近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声という3つの条件が同時に重なった感染発生リスクが高い状況を回避してください。

2.人が集まる場の(時間的)前後も含めた適切な感染予防対策の実施

会場に入る際の手洗い場所の確保、参加者の手が触れる場所の消毒などを徹底してください。

3.感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力などへの対応を講じてください。

4.開催に当たっては、次の点を考慮するなど、感染防止を図ってください。

(1)広い会場の使用や少人数開催など、密接度を低くするよう工夫。

(2)出席者間を1m程度(推奨はお互いの手が届かない範囲)空けて配置するなど、会場配置を工夫。飛沫感染防止のため、十分な距離を確保。

(3)出席者へマスク着用の周知。出席者に発熱等の風邪症状が見られる場合には、出席を遠慮してもらうよう徹底。

(4)会場内の定期的な換気。

市内各種イベント、会議等の開催に当たって(747KB) 上記と同じ内容です


「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」提言 =抜粋= (2020 年3 月19 日)

「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」提言(581KB)

別添 【多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例】

別添 【多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例】(613KB)

お問い合わせ

総務課
電話:0167-39-2300
ファクシミリ:0167-23-2120