新型コロナウィルス感染症によるJR北海道の影響と対策について

2020年4月7日

令和2年3月11日付けでJR北海道より「新型コロナウィルス感染症による影響と対策」についてプレス発表がありました。

新型コロナウィルス感染症の影響により、旅行需要が大幅に減少していることから、令和2年3月23日から4月23日までの間、在来線特急列車の編成両数見直し及び減便が実施されます。

下記のとおり、JR北海道プレス発表資料をお知らせするとともに、特急列車(カムイ・ライラックなど)の減便に伴い、富良野~札幌~新千歳空港の接続に影響がありますので、減便期間中の時刻表をお知らせします。

追記

令和2年3月31日付けでJR北海道より「特急列車の減便・減車の変更」についてプレス発表がありました。

新型コロナウィルス感染症の影響により、在来線特急列車の編成両数見直し及び減便が実施されておりますが、その期間を5月6日まで延長いたします。

下記にJR北海道プレス発表資料をお知らせいたします。

 

(1)新型コロナウィルス感染症による影響と対策について_JR北海道プレス資料

「新型コロナウィルス感染症による影響と対策」_JR北海道.pdf(450KB)

特急列車の減便・減車の変更.pdf(141KB)

 

(2)令和2年3月23日から5月6日までの【富良野~滝川~札幌~新千歳空港】の時刻表

時刻表(根室本線・札幌方面)3月23日~5月6日まで.pdf(127KB)

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121