固形燃料ごみ「塩分ダイエット」の検査結果について

2021年7月7日

●固形燃料ごみ「塩分ダイエット」の検査結果について

 

固形燃料ごみのリサイクル品である「RDF(固形燃料)」に含まれている塩分が多くなっています。
このままではリサイクルに支障が出ることも考えられるため、皆様のご理解とご協力のもと「塩分ダイエット」に取り組んでいます。

「塩分ダイエット」の検査結果については下記のとおりです。

基準値

今回の検査結果

前回の検査結果

結果

3月

12月

9月

前回より高数値です。

0.60%以下

↑1.10%

↑0.82%

↑1.30%

 

【ごみDr.からの改善指導】(数値は%)

(1)食品ラップを入れない
(2)食べ残しを入れない
(3)汚れた紙容器は軽く洗い流す

※ごみDr.からの一言

 今回、固形燃料ごみを検査した総量の0.44%がラップ類で、0.18%が薬の容器でした。

 また、2.19%が生ごみという分析結果でした。

 ラップと薬の容器はプラスチックごみ袋に、食品などの汚れは水ですすいで排出するだけで塩分は減らせます。

 みなさんのひと手間が良質な固形燃料にリサイクルされますのでご協力お願いします。

 

塩分ダイエット 

お問い合わせ

環境課
電話:0167-39-2308
ファクシミリ:0167-23-1313