富良野市新庁舎建設工事優先交渉権者選定の公募型プロポーザル実施予告

2019年8月19日

●富良野市新庁舎建設工事優先交渉権者選定の公募型プロポーザル実施予告

 

富良野市新庁舎建設工事優先交渉権者選定を公募型プロポーザル方式で行いますので概要を事前にお知らせします。

 

1.工事概要

(1)工事の規模・内容
1.主要用途 市庁舎(事務所)、公会堂
2.工事種別 新築工事
3.構造 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地上4階建て
4.規模 建築面積 約3,200 m2、延床面積 約8,700 m2
5.工事名 富良野市新庁舎建設工事

 

6.工事範囲

建築工事、電気設備工事、機械設備工事

(地中熱工事、外構工事、既存庁舎解体は除く)

 

7.工期

契約締結の日の翌日から令和4年5月31日(火)まで

(※上記の工期はあくまで最長期間であり、さらなる工期の短縮を期待する。)

(2)敷地の概要

1.建設場所

富良野市弥生町1番1号

2.敷地面積

現庁舎敷地 12,654m2

 

3.敷地要件

用途地域:第2種住居地域

地域地区:防火指定なし、都市計画区域内

 

2.技術協力業務概要

優先交渉権者となった者は、技術提案のあった事項及び採用となったVE提案等を実施設計に反映させるため、以下の業務を実施する。
なお、業務実施にあたっては、下記のとおり業務委託契約を締結する。

(1)業務名称 富良野市新庁舎建設実施設計技術協力業務委託

(2)履行期間 契約締結の日の翌日から令和2年7月31日(金)まで

 

3.優先交渉権者選定方法

本工事は応募者の「品質を下げないでコストを低減する」提案や「コストを上げないで品質がより以上のものとする」提案(以下「VE※提案」という。)および技術提案を求め、VE提案ヒアリングおよび技術提案ヒアリングを実施し、価格と価格以外の要素で、総合的に評価して優先交渉権者を選定する「公募型プロポーザル方式」を適用する。
期限内に参加申込みのあった者のうち、後述の参加要件を満たす参加資格者に対し、先行してVE提案の提出を求め、富良野市新庁舎建設工事評価選定委員会(以下、「選定委員会」という。)においてVE提案の採否を審査するVE提案審査(ヒアリング)を実施する。次に採用されたVE提案を含む技術提案の提出を求め、技術提案審査(ヒアリング)により、評価点が最も高い者を「優先交渉権者」として選定する2段階審査選考方式を採用する。
※VE(Value Engineering:バリューエンジニアリング)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、その機能を最小の総費用(ライフサイクル コスト)で達成する手段を考え実践していく体系的・組織的活動のことをいう。

 

4.参加に必要な資格等に関する事項

「富良野市新庁舎建設工事優先交渉権者選定プロポーザル募集要項」(以下「募集要項」という。)による。

 

5.実施スケジュール (予定)

(1)公示(募集要項等配布) 令和元年8月23日(金)
(2)参加表明書提出期限

令和元年9月17日(火)午後5時まで
(3)VE提案書提出期限 令和元年10月28日(月)午後5時まで
(4)技術提案書提出期限 令和元年11月25日(月)午後5時まで

 

6.その他
募集要項によるものとする。

 

7.事務局(問合せ先)

〒076-8555 富良野市弥生町1番1号
富良野市役所 建設水道部 都市建築課(担当:竹内)
電話:0167-39-2316 FAX:0167-39-2332
E-mail:kenchiku-ka@city.furano.hokkaido.jp