富良野市育英基金(奨学資金)の貸付について

2019年1月31日

●富良野市育英基金について

 

富良野市育英基金は、学業優秀にもかかわらず経済的理由のため修学困難な人に学資を貸与して、有能な人材を育成することを目的とした制度です。
育英基金の貸与を志望する人は、富良野市育英基金条例及び富良野市育英基金規則に基づき、教育委員会で選考のうえ育英生として決定します。

貸与したお金(育英基金)は卒業後所定の方法で返還することになります。
なお、大学等卒業後1年以内に富良野市に戻り、居住し就職した人を対象に育英基金の償還を免除する制度があります。


1.貸与資格
貸与資格は、次の事項に該当する高等専門学校生、大学生(大学院生を除く。)、専修学校生(修学年限が2年以上の専門課程に限る。)に限ります。

ただし、富良野市の他の奨学金を受けている場合は、育英基金の貸与を受けることができません。
(1)親権者または、これに代わる方が富良野市に住所を有する者
(2)成績優秀・素行善良にして、学校長が推薦する者
(3)健康で学業に精励できる者
(4)経済的理由で学資の負担が困難な者

(5)3人以上の子(父又は母の前配偶者との間に生まれた子及び養子を含み、22歳に達する日以後の最初の3月31日までの子)を養育している世帯で、3番目以降の子(養子を含む)が高校入学する者

 

2.貸与金額と貸与期間
(1)貸与月額
・高等専門学校生 1ヶ月 15,000円以内
・大学生及び専修学校生 1ヶ月 20,000円以内
(2)貸与期間
・在学する学校の正規の修業年限とする。
(3)入学準備金(入学時に一時金として貸与する)
・高校生及び高等専門学校生 50,000円以内
・大学生及び専修学校生 100,000円以内

 

3.出願の手続き
次の出願書類を期日までに教育委員会に提出すること。
《出願書類》
(1)育英生願書(必ず出願者と連帯保証人の連署)
(2)学校長の推薦書(成績証明書添付)・人物証明書
(3)写真台帳(出願者本人の写真貼付)
(4)親権者若しくはこれに代わる方の住民票抄本・所得証明書
(市役所市民課市民年金係・税務課課税係、各支所でお取り寄せ下さい。)

※提出書類については、教育委員会でお渡ししますので、ホームページには掲載しておりません。

 

4.出願の期日(平成31年度)
平成31年3月31日までに教育委員会に提出して下さい。

 

5.採否の決定(平成31年度)
願書による書類審査を行い5月の教育委員会で決定し本人に通知いたします。