宝くじについて

2018年8月3日

●宝くじについて

 

■サマージャンボ宝くじ
市町村振興宝くじ(通称:サマージャンボ宝くじ)は、市町村(政令指定都市を除く)の振興のため、昭和54年から都道府県が発売主体となって発売されています。
サマージャンボ宝くじの収益金は、市町村数による均等割、各都道府県の人口割及び前年度の発売実績に応じて各都道府県に配分された後、各都道府県市町村振興協会に対して同額が交付金として配分されています。

北海道市町村振興協会では、収益金を財源として、道内市町村(政令指令都市である札幌市を除く)が行う公共施設整備に対する貸付事業をはじめ市町村振興事業の支援を行っています。
また、収益金の一部は、全国的な視野から広域的に活用するため、一般財団法人全国市町村振興協会に納付し、広域的に市町村の振興に役立てられています。


■ハロウィンジャンボ宝くじ(旧オータムジャンボ宝くじ)
市町村の更なる振興のため、平成13年度から新市町村振興宝くじ(通称:ハロウィンジャンボ宝くじ)が都道府県を通じて発売されています。
ハロウィンジャンボ宝くじの収益金は、サマージャンボ宝くじと同様に各都道府県に配分された後、各都道府県市町村振興協会に対して同額が交付金として配分され、各都道府県市町村振興協会から市町村に全額交付されます。
交付された収益金は、地方財政法第32条に定められている宝くじの収益金の使途に沿って、公共事業をはじめ高齢化・少子化対応、芸術・文化の振興、災害対応、地域経済の活性化、環境保全などの事業に活用されています。


■収益金の使い方
平成29年度において、富良野市には約360万円交付され、次の事業に係る経費の一部に活用しました。

 

・芸術・文化の振興に係る事業
 芸術文化事業補助金 60万円
 図書館運営管理事業費 90万円
 図書資料整備事業費 210万円

 

 北海道市町村振興協会のホームページ