MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信について

2018年2月2日

●MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信について

 

弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、Jアラートを通じて市町村の防災行政無線、登録制メール等により国民に伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。
従前、携帯大手事業者以外の事業者(MVNO)が扱うSIMフリー※1端末(いわゆる「格安スマホ」)のうち、Androidを搭載する一部の端末では、当該メールを受信できないという課題がありました。
今般、携帯大手事業者において、グーグルが提供している「AndroidTM8.1」※2向けの共通受信仕様が策定されたことにより、今後は、Androidを搭載するSIMフリー端末でもエリアメール・緊急速報メールの受信が順次可能※3となりますので、この旨をお知らせします。

詳しくは、下記のPDFファイルをご覧ください。

MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信について(126KB)

※1 スマートフォンなどの端末が、特定の携帯電話会社のSIM(携帯電話回線を利用するために挿入する小型のカード)だけでなく、どの会社のSIMでも利用できるようになっている状態。
※2 Androidは、Google LLCの登録商標です。
※3 「AndroidTM 8.1.0_r9」以上を搭載する端末。動作確認については、各MVNO事業者や各端末の販売元にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

総務課
電話:0167-39-2300
ファクシミリ:0167-23-2120