マイナンバー・通知カードの配達について

2015年11月16日

マイナンバー・通知カードの配達について

 

マイナンバーをお知らせする「通知カード」が、富良野市においても119日から配達開始となりました。現在地区ごとに配達していますので今しばらくお待ちください。

なお、11月24日くらいまでに配達を市内一順する予定です。

 

●通知カードの配達物の内容

・10月2日時点の住民票情報(世帯構成、住所、氏名)で世帯主を宛名に世帯人数分が同封され、簡易書留(転送不要)便で配達されています。

・同封物は次のとおりです。

(1)案内用紙(世帯で1部) 

(2)通知カードと個人番号カード交付申請書(世帯人数分)

(3)個人番号カード交付申請書返信用封筒(世帯で1部)

※返信先は全自治体が委託している『地方公共団体情報システム機構(J-LIS)』となっています。

 

通知カード送付物一式

  

 ●郵便局から市に返戻となった場合の対応

・郵便局から次のケースで市に返戻となっています。12月に入っても届かない方は市に返戻の有無を確認しお受け取りください。

 

(1)通常の郵便物を「転送届」している場合、「あて所に尋ねあたりません」となり市に返戻

※今回の通知カードは【簡易書留(転送不要)】となっているため、「転送届」していても転送されず事前に市に返戻となります。

 

【受け渡し対応】

・市で保管していますので窓口でお受け取りください。

・病院へ入院や施設への入所等やむを得ない理由により住民票の住所地で「通知カード」を受け取れない方は、居所(送付先)を登録することにより、現在お住まいの場所(居所)に「通知カード」を再送付することも可能となります。

 ◎手続きは「マイナンバー・通知カード送付に係る居所情報の登録について」をご覧ください。

 http://www.city.furano.hokkaido.jp/docs/2015081700013/

 

・市内の病院や介護施設等で長期入院、入所の場合は市職員が手渡しすることも可能です。施設、市にお問い合わせください。

 

(2)転出、転居等で「あて所に尋ねあたりません」となり市に返戻

 

【受け渡し対応】

105日以降、『市内転居』された方については返戻を確認後、新住所を再登録し『地方公共団体情報システム機構(J-LIS)』から通知カードを再送する手続きを順次おこなっていますのでもうしばらくお待ちください。

105日以降、富良野市を『転出』された方は転入した市町村で再発行されるため返戻後市で廃棄します。

 

(3)配達したが留守で「不在連絡票(マイナンバー専用)」が入ったが保管期間の7日間が経過し受け取られず市に返戻

 

【受け渡し対応】

・市で保管していますので窓口でお受け取りください。

 ◎郵便局の再配達サイトを参照ください(外部)

 http://www.post.japanpost.jp/lpo/mynumber/

 

●市窓口での通知カードの受取方法について

・市民年金係(1番窓口)で保管していますのでお受け取りください。

※返戻されている通知カードについて、返戻後一定期間(3か月程度)経過しても受領されない場合は、返還されたものとみなされ廃棄されます。その後、必要な場合には再交付申請が必要となり、手数料500円がかかりますので、ご注意ください。

 

返戻された通知カードを本人が受領する場合

 次の本人確認書類の提示が必要です。

 

□A (1点で確認)

 

運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真付きのものに限る。)、パスポート、運転経歴証明書(平成2441日以後に交付されたものに限る。)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦車運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証など  

 

B (2点で確認)

 

健康保険の被保険者証、医療受給者証、後期高齢者医療若しくは介護保険の被保険者証、国家公務員共済組合若しくは地方公務員共済組合の組合員証、国民年金手帳、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、生活保護受給者証、預金通帳、社員証、学生証など

 

◆返戻された通知カードを代理人が受領する場合

  次の全ての書類の提示が必要です。

 

(1)本人(受領する通知カードに記載されている方)の本人確認書類(ご注意)

 ・上記Aの中から1点、または、Bの中から2

※通常は委任状と代理人の方の本人確認書類の提示ですが、今回はマイナンバーを通知する大事な書類であることから『受領する通知カードに記載されている方』の本人確認書類の提示もお願いいたします。

 

(2)代理人の代理権を証する書類

・任意代理人の場合は、委任状(本人が直筆でお書きください)。

・法定代理人の場合は、戸籍謄本またはその資格を証する書類。

 本籍地が富良野市で法定代理人であることが確認できる場合、または15歳未満の本人と法定代理人が同一世帯かつ親子の関係にあることが住民票で確認できる場合は、戸籍謄本等を省略できる場合があります。

 ・成年後見人の場合は、登記事項証明書(コピー不可)または選任審判書と確定証明書(コピー不可)

   

 通知カード受け取り時委任状(77KB)

  

(3)代理人の本人確認書類

 ・上記Aの中から1点、または、Bの中から2

 

●通知カードが届いた方は

 今後税や社会保障などの手続きの際に、通知カードの提示、書類にマイナンバーの記入が必要となりますので、大切に保管してください。なお、マイナンバーは、むやみに他人に教えないでください。

 マイナンバーの利用目的は限定されており、目的外の収集は禁止されています。

 

 また、引越しによる市内転居、転入の際は通知カードの裏面に新しい住所を記載しますので、世帯全員の通知カードを市役所1番窓口に持参してください。

  

tuchi_105.jpg

 

 

●問い合わせ 富良野市市民環境課市民年金係  電話 39-2301

 

●通知カードや個人番号カードに関することや、その他マイナンバー制度に関する問い合わせ

 

「マイナンバー総合フリーダイヤル」 0120-95-0178(無料)

お問い合わせ

市民課(市民年金係)
電話:0167-39-2301 / FAX:0167-23-2478