富良野市橋梁長寿命化修繕計画及び点検結果

2018年8月1日

●富良野市橋梁長寿命化修繕計画について

 

現在、富良野市では264橋の橋梁を管理しております。その中には昭和40年代に建設された橋梁が数多く存在し、これらは建設後30年から40年を経過していることになります。

橋梁の寿命を50年から60年とすると、20年後には多くの橋梁の架け替えが必要となり、膨大な費用が必要となります。
そこで、橋梁の損傷が顕在化する前に予防的な修繕工事を計画的に行い、橋梁の寿命を延ばして総合的な維持管理費を抑えようという考え方が橋梁長寿命化修繕計画です。
富良野市では平成21年度から橋梁長寿命化修繕計画策定事業を実施しており、平成24年度までに全264橋の計画策定完了を目指し事業を進めております。

橋梁長寿命化修繕計画(104KB)  


●富良野市橋梁長寿命化点検結果について


橋梁の健全性の点検結果は、以下の4段階に区分します。

区分 状態
I 健全 構造物の機能に支障が生じていない状態。
II 予防保全段階 構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
III 早期措置段階 構造物の機能に支障が生じる可能性が有り、早期に措置を講ずべき状態。
IV 緊急措置段階 構造物の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

橋梁ごとの結果は、別添PDFをご覧ください。

平成29年度 橋梁点検結果(138KB)

平成28年度 橋梁点検結果(154KB)

平成27年度 橋梁点検結果(117KB)

 

お問い合わせ

都市施設課
電話:0167-39-2313
ファクシミリ:0167-23-2124