大人の風しん予防接種費用の一部助成

2017年4月14日

大人の風しん予防接種費用の一部助成について

  

風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠初期に風しんに感染すると、赤ちゃんが心疾患や難聴などの障がいを起こす『先天性風しん症候群』という病気にかかって生まれることがあります。

『先天性風しん症候群』の発生を予防するために、風しん予防接種費用の一部を助成します。

 

《対象者》
(1)年度内満20歳から49歳の女性
(2)妊娠している女性の配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含む)
(3)(1)の対象者の配偶者及び同居者で風しん抗体価が低い方
(4)妊娠している女性の同居者で風しん抗体価が低い方
※風しんに罹患したことがある方、風しん又は麻しん風しん混合ワクチンを2回以上接種した方、風しんの抗体価が十分であると確認できている方は対象となりません。
※妊娠中又は妊娠の可能性がある方は接種できません。

《助成期間》

平成29年4月1日~平成30年3月31日

《助成額》
(1)麻しん風しん混合ワクチン  4,200円
(2)風しん単独ワクチン  2,600円
※医療機関では、接種費用から助成額を差し引いた金額を支払ってください。
※生活保護受給世帯の方は、全額助成となります。(生活保護受給者証明書を医療機関に提出してください。)
《申請方法》
健康保険証と印鑑を持参し、富良野市保健センター1階保健医療課で申請手続きをしてください。
妊娠している女性の配偶者及び過去に妊娠したことがある女性は、母子健康手帳も持参してください。
対象者(3)に該当する方は、風しん抗体価検査の結果も持参してください。
対象者(4)に該当する方は、母子健康手帳と風しん抗体価検査の結果も持参してください。
生活保護受給者世帯の方は生活保護受給者証明書を提出してください。
申請書に基づき、専用の予診票を発行します。
必ず医療機関に予約をしてから、予診票を持参して接種を受けてください。
本人が手続きに来所できない場合は、家族等の代理申請も受付けます。
《実施医療機関》

次の市内医療機関で受けることができます。

 

医療機関名 電話番号
富良野協会病院 23-2181
ふらの西病院 23-6600
いんやく小児科クリニック 39-1177
内海内科クリニック 39-1133
かわむら整形外科医院 22-4341
ふらの消化器・内科クリニック 56-7058

≪接種後の注意≫ 
女性が接種した場合は、接種後2か月は妊娠を避けてください。 


上記内容については、こちらからダウンロードしてご覧いただくことができます。

大人の風しん予防接種費用助成のお知らせ(平成29年度)(156KB)


助成にかかる申請書類等はこちらからダウンロードできます。

(PDF形式とword形式です。いずれも内容は同じです。)

風しん予防接種費用助成申請書(33KB)

風しん予防接種費用助成申請書(36KB)

お問い合わせ

保健医療課
電話:0167-39-2200 / FAX:0167-39-2224