防ごう!農作業事故(秋冬編)

2013年9月18日

●農作業事故を防ぐためには(秋冬編)

 

防ごう!農作業事故
農作業事故を発生させないためにも、安全を心掛けることが大切です。
また、1年で1番事故が多いのが秋の収穫期です。常に事故防止を意識することが必要です。
●日没後の作業は控えて!
暗い中での作業は危険が多く、気温もかなり低下するので控えましょう。

また、疲労が蓄積し集中力低下によっての事故が多数あるので、こまめに休息しましょう。
寒い日の防寒対策も欠かさず行いましょう。 
●農業機械はこまめに点検!少しの時間でもエンジンストップ!
機械を安全に使用するためにも欠かさず点検を行いましょう。

また、機械から離れるときはエンジンストップを必ず行い、冬に使用しない機械の手入れをしておくと良いでしょう。 
●作業場所や時間を家族等に伝えること!
特に、遠方に行く際は居場所を伝えてから作業するようにしましょう。連絡をいつでもとれるようにしておくのも必須です。
また万が一、事故が発生したときに備えて、応急処置の知識を得ておくようにしましょう。

お問い合わせ

農林課
電話:0167-39-2309 / FAX:0167-23-2122