合併問題の考え方に関する提案書(合併か単独か・・・その論点について)

2005年9月8日




「まちの将来ビジョン」
ともすると、財政問題の論議が先行しがちとなる市町村合併問題・・・
国は様々な財政支援を「飴玉」に、半ば強制合併とも言える程の推進策を講じてきています。
財政調整基金などの取り崩しを強いられる程の厳しい財政状況のなか、そうした問題の検討も大変重要であることは確かですが、財政問題の解決にのみ重点をおいた、いわば「その場しのぎ」とも言える合併論議は行うべきではないと考えます。
「わたしたちのまちが、将来どうあるべきなのか」
「その実現のためには、何が必要で、何をしなければならないのか」
明確な将来ビジョン無くして、市町村合併という大きな分岐点の行く先を論議することは出来ません。
市民との対話のなかから、望まれる将来ビジョンを見出し、その着実なる実現のための方策を議論することこそが、最も重要であろうと考えます。

みなさんは                     
どんな「未来の富良野」を        
           思い描いてますか?        

    

    

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121