<募集>医療受診者通院交通費助成金交付要綱の改正

2015年2月12日

医療受診者通院交通費助成金交付要綱の改正について


意見募集案件 医療受診者通院交通費助成金交付要綱の改正について
担当課 保健福祉部 保健医療課
電話 0167-39-2200

対象案件 医療受診者通院交通費助成金交付要綱の改正について
意見募集期間 平成27年2月12日から3月13日まで
(実施予告日:平成27年1月29日)
原案の公表場所(閲覧・配布) ◇行政情報コーナー
◇山部・東山支所
◇文化会館 
◇図書館
◇担当窓口(保健医療課 総合健診係) 
◇ホームページ
◇広報ふらのお知らせ版2月号(概要のみ)
意見の提出方法

・書面(様式自由)による提出
・封書、ファクシミリ、電子メール、録音テープ(記録性の確保可能なもの)、直接提出のいずれか
・意見提出者は、住所・氏名を記入のこと(住所・氏名の公表は行わないが、記入のない意見には回答できない場合がある)

意見書様式(29KB)

意見書様式(32KB)

意見提出対象者 ・市内に住んでいる方
・市内で働いている方
・市内で学んでいる方
・市内に事業所がある法人やその他の団体
意見提出先 保健福祉部 保健医療課 総合健診係
郵便番号076-0018  富良野市弥生町1番3号
電話 0167-39-2200 ファクシミリ 0167-39-2224   
電子メールアドレス:保健医療課へのメール
意見検討結果の公表 平成27年4月頃
※検討を終えたときは、意見の概要・意見に対する市の考えや案を修正したときはその内容を公表。(ただし、個別回答は行なわない)
市の原案及び関連事項

(1)原案を作成した趣旨(背景や必要性、目的など)
診療所が廃止となった地域の住民を対象に、通院交通費の負担軽減を図るために行っている助成制度。東山と麓郷の市街地にそれぞれ診療所があったが、閉院に伴い東山・西達布・老節布・平沢地区及び麓郷・布礼別・富丘地区からの通院交通費を助成しており、平成26年12月1日からは、山部の診療所閉院に伴い、対象地区に山部地区を追加している。
これまでは、交通手段の種類を問わずすべて「バス運賃相当額の8割」を助成していたが、平成27年5月1日付けで要綱を改正し、交通手段ごとに助成基準を設ける。
(2)原案の骨子(概要)
対象地域から富良野市街地への通院にかかる交通費の一部を助成する制度。基本的に月5回までの通院にかかる往復交通費の8割を助成。
これまでの助成では、交通手段の種類を問わずすべて「バス運賃相当額の8割」を助成していたが、今回の改正で、交通手段ごとに助成基準を設け、要綱を整理する。概要は以下のとおり。
◇助成基準
・バスとJR → 実際の運賃の8割を助成。(乗車証明印が必要)
・タクシー → バス運賃相当額の8割を助成。(領収書添付が必要)
・自家用車 → 「1km燃料単価×距離」の8割を助成。
◇バスとJR独自の割引制度がある場合はその額の8割を助成。
◇公共交通機関の乗車証明がない場合は自家用車相当の助成。
◇自家用車相乗りの場合の助成は1人分。
◇自己負担の最低基準を設ける。(片道最低100円は負担いただく)
◇市福祉支援課のタクシーチケットと重複助成はしない。
(3)市民への影響(検討の争点等)
これまで対象地域から自家用車で通院して助成を受けていた方の助成額が下がる。(5月通院分から)
(4)その他(法令根拠、自治体の類似事例など)

通院費助成金交付要綱(改正案)(75KB)

申請書等様式(155KB)

その他必要事項 (1)原案検討経過
(2)パブコメ後の今後のスケジュール
4/1 パブコメ結果及び改正後の制度内容を公表予定
5/1 要綱改正(5月通院分から適用)

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121