<募集>富良野看護専門学校学生寮の寮費改定

2011年8月3日

対象案件 富良野看護専門学校学生寮の寮費改定について
意見募集期間 平成23年8月1日(水曜)から23日(火曜)まで
原案の公表場所(閲覧・配布) ◇行政情報コーナー(市役所1階ロビー)
◇山部・東山支所の窓口
◇文化会館
◇図書館
◇担当課窓口
◇市ホームページ
意見の提出方法

・書面(様式自由)による提出
・封書、ファクシミリ、電子メール、録音テープ(記録性の確保可能なもの)、直接提出、意見箱(公表場所に設置)への投函のいずれか
・意見提出者は、住所・氏名を記入のこと(住所・氏名の公表は行わないが、記入のない意見には回答できない場合がある)

意見書(パブコメ共通).doc(29KB)

意見書(パブコメ共通).pdf(32KB)

意見提出対象者 ・市内に住んでいる方
・市内で働いている方
・市内で学んでいる方
・市内に事業所がある法人やその他の団体
意見提出先 富良野看護専門学校 事務課
郵便番号 076-0018  富良野市弥生町5番1号
電話 0167-22-5510 ファクシミリ 0167-22-1075  
電子メールアドレス: 事務課へのメール

検討結果の

公表予定時期

平成23年9月中頃
※検討を終えたときは、意見の概要・意見に対する市の考えや案を修正したときはその内容を公表。(ただし、個別回答は行なわない)

対象となる

市の仕事の内容

(1) 原案を作成した趣旨(背景や必要性、目的など)
本校学生寮は、平成19年4月より指定管理者による運営を行っており、平成24年度に指定管理者の更新時期を迎えます。更新に当たり寮費についての検討を行い、給湯及び暖房用の燃料費の徴収方法をこれまでの定額徴収から実費相当額の徴収へと変更することといたしました。
価格変動の大きくなっている燃料費を定額で徴収することは、燃料費が高騰した場合、指定管理者の負担が増大することになり、反対に下落した場合は、寮生に 過剰な負担となります。このような理由から今回の指定管理者更新時期に合わせ寮費の徴収方法の変更を行おうとするものであります。
学生寮は、本校学生の中で遠隔地からの入学生のみが利用しているものであるため、その運営費については、すべて受益者負担としているところであり、市から指定管理者への指定管理料の支払いは平成19年度の指定管理者制度への移行後行われておりません。今回の改定についてもその考え方は変わっておりません。
今回のパブリックコメントの実施は、本校の学生寮がどのように運営されているかを知っていただくためのものでもあります。
(2) 原案の骨子(概要)
寮費のうち「学生寮暖房料 3,000円」を改め、「学生寮水道及び下水道使用料並びに燃料費 実費相当額」に改める
実施時期 平成24年4月1日から適用
(平成24年度以前の寮生にも適用)
(3)市民への影響(検討の争点等)
 現在入寮している学生は、本校入学生のうち遠隔地からの者であり、現在本校学生の約三分の一の学生がこの寮で生活しております。学生寮に市民の皆様が入寮 することはありませんが、学生寮の運営方法について市民の皆様に知っていただき、ご理解をいただきたいと思っております。
(4) その他(法令根拠、自治体の類似事例など)
 特になし
その他 (1) 原案検討経過
 看護専門学校運営会議
(2) パブリックコメント後の今後のスケジュール
 平成23年9月 条例改正

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121