<募集>公営住宅等長寿命化計画

2010年12月24日

富良野市公営住宅等長寿命化計画について

 

意見募集案件 富良野市公営住宅等長寿命化計画について
担当課 建設水道部 都市建築課
電話 0167-39-2316
対象案件 富良野市公営住宅等長寿命化計画について
意見募集期間 平成22年12月1日(水曜)から平成22年12月20日(月曜)まで
原案の公表場所(閲覧・配布) ◇行政情報コーナー(市役所1階ロビー)
◇山部・東山支所の窓口
◇文化会館
◇図書館
◇担当課窓口
◇市ホームページ 
◇広報ふらの12月号(概要のみ)
意見の提出方法

・書面(様式自由)による提出
・封書、ファクシミリ、電子メール、録音テープ(記録性の確保可能なもの)、直接提出、意見箱(公表場所に設置)への投函のいずれか
・意見提出者は、住所・氏名を記入のこと(住所・氏名の公表は行わないが、記入のない意見には回答できない場合がある)

意見書様式(29KB)

意見書様式(32KB)

意見提出対象者 ・市内に住んでいる方
・市内で働いている方
・市内で学んでいる方
・市内に事業所がある法人やその他の団体
意見提出先 建設水道部 都市建築課
郵便番号 076-8555  富良野市弥生町1番1号
電話 0167-39-2316 ファクシミリ 0167-39-2332  
電子メールアドレス: 都市建築課へのメール

検討結果の

公表予定時期

平成23年1月中旬頃
※検討を終えたときは、意見の概要・意見に対する市の考えや案を修正したときはその内容を公表。(ただし、個別回答は行なわない)

対象となる

市の仕事の内容

(1) 原案を作成した趣旨(背景や必要性、目的など)
市では、公営住宅管理の今後10年の指針となる「富良野市公営住宅等長寿命化計画」を策定します。
 富良野市では、昭和40年代以降に住宅に困っている人に対し良質な住宅を供給することを目的に建設してきました。平成22年3月31日現在で、市営住宅は 20団地、管理戸数729戸があります。そのうち耐用年数を超えた住宅が493戸と老朽化した建物が半数以上を占めています。また、現在665世帯が入居 していますが、2人以下の世帯は全体の7割を超えており少人数世帯化が進んでいます。
このような住宅状況や様々な課題等に対応するために「富良野市公営住宅等長寿命化計画」を策定するものです。
(2) 原案の骨子(概要)
○公営住宅の概要
公営住宅の管理戸数、入居者の状況の概要や構成
○公営住宅等の需要と役割
公営住宅の需要、民間対応の状況と公共との役割
○基本的な方向
整備に関する基本理念、供給方針、基本目標
○ストック活用方法
既存建物の活用方針、建設年代別構造別選定
○ストック活用計画
既存建物の整備方針、団地別活用及び管理計画
○長寿命化計画
長寿命化計画に関する目的、方針、維持管理、改善計画
○計画の推進方針と課題
計画推進に関する入居者との合意形成
(3)市民への影響(検討の争点等)
安全で快適な住まいを長期間にわたって確保するための維持管理計画
(4) その他(法令根拠、自治体の類似事例など)

対象となる

市の仕事の原案
(データはPDFです)

計画概要(39KB)

維持管理計画(【様式1】)(9KB)

計画書(全部)はデータ量が多いため、恐れ入りますが情報コーナーなどで閲覧ください。

その他 (1) 原案検討経過
 国の住宅施策が新規供給から既存建物を重視した政策へと変更が示され、公営住宅ストック総合活用計画を見直し長寿命化計画を検討作成
(2) PC後の今後のスケジュール
 平成22年12月 北海道と策定協議
 協議後、北海道開発局へ計画書提出

お問い合わせ

企画振興課
電話:0167-39-2304 / FAX:0167-23-2121