国民年金の加入対象

2008年12月22日

国民年金の加入対象

 

日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、国民年金に加入することが義務付けられています。

国民年金の加入者のことを「被保険者」といい、保険料の納め方により次の3種類に分かれています。

【第1号被保険者】

○農業・漁業・商業などの自営業者
○大学生・専修学校生
○国会議員・地方議会議員
○その他、厚生年金・共済組合に加入していない20歳以上の人
※任意加入できる人
○60歳以上65歳未満の人で、日本国内に住所を有する人
(老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方は任意加入できません。)
○海外に在住している20歳以上65歳未満の日本国籍を有する人
○老齢(退職)年金を受けられる60歳未満の人
 

【第2号被保険者】 

○会社員や公務員など、厚生年金や共済組合の加入者

【第3号被保険者】

○第2号被保険者に扶養されている配偶者

 

イメージ

お問い合わせ

市民課
電話:0167-39-2301 / FAX:0167-23-2478