退職者医療制度

2018年4月1日

●退職者医療制度
会社などを退職して国保に加入し、被用者年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の方とその被扶養者は「退職者医療制度」でお医者さんにかかることができます。

 

○該当になる方

・平成26年度までに国保を加入していた人

・被用者年金(厚生年金など)の加入期間が20年以上ある方、もしくは40歳以降の加入期間が10年以上ある方

・65歳未満の方が対象になります

 

○対象となったら必ず届け出をしましょう
 退職者医療制度では、本人の自己負担と保険税のほか、職場の健康保険などからの拠出金が財源となっています。
 退職者医療制度の対象となっているにもかかわらず届出がされないと、拠出金で負担する医療費分まで国保が負担することになります。
 みなさんの負担軽減が図られることにもなりますので、対象となったら必ず届け出をお願いします。

 

※平成20年4月に退職者医療制度は原則廃止されましたが、平成27年度3月31日までに対象となった人が65歳に達するまで制度は存続します。

 

お問い合わせ

市民課(医療国保係)
電話:0167-39-2310 / FAX:0167-23-3523