本人確認について

2013年7月10日

●本人確認書類の提示をお願いいたします。

 

■本人確認のお願い

 近年、本人の知らない間に、本人になりすました第三者からの虚偽の届出や戸籍、住民票などの各種証明書の請求が全国的に発生しています。
 富良野市では、住民異動届や戸籍の届出の際に、来庁された方の本人確認を行っていますが、平成20年5月1日から戸籍法、住民基本台帳法の改正に伴い、不正請求防止と個人情報保護のため、戸籍や住民票、所得証明書など各種証明書の請求の際も、窓口に来られた方の本人確認を実施いたしております。
交付請求される際は、下記の本人確認書類の提示をお願いいたしますので、忘れずにお持ちください。
 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

■対象とする届け出・請求

1.住民異動の届出(転入届、転出届、転居届、世帯変更届等)、戸籍の届出など
2.住民票、戸籍の証明(謄抄本・受理証明・記載事項証明など)、その他証明(戸籍附票、身分証明書など)の請求、印鑑登録


■本人確認書類の一覧
免許証など顔写真のある公的な証明書は1点、顔写真の無い証明書は2点となっており以下のとおりです。
1.1点で確認できるもの
運転免許証又は官公署の発行した免許証、許可証若しくは身分証明書であって、本人の写真を貼り付けたもの(写真に特殊な加工を施し、または契印のあるものに限る。) 1.旅券(パスポート)
※注意 旅券(パスポート)は住所の記載が無いため、郵便請求に限っては本人確認資料となりませんので、ご注意ください。
2.運転免許証
3.顔写真のある住民基本台帳カード
4.次の官公署が発行した免許証・許可証・資格証明書
・海技免状
・電気工事士免状
・無線従事者免許証
・動力車操縦者運転免許証
・運航管理者技能検定合格証明書
・猟銃・空気銃所持許可証
・特種電気工事資格者認定証
・認定電気工事従事者認定証
・耐空検査員の証
・航空従事者技能証明書
・宅地建物取引主任者証
・船員手帳
・戦傷病者手帳
・身体障害者手帳
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたもの)
・在留カード(旧外国人登録証明書)
・特別永住者証明書(旧外国人登録証明書)
・一時庇護許可書
・仮滞在許可書
・教習資格認定証
・小型船舶操縦免許証
・警備業法第23条第4項に規定する合格証明書
・官公署がその職員に対して発行した身分証明書

(注)平成24年7月9日より前に交付された外国人登録証明書については、一定の期間「在留カード」「特別永住者証明書」とみなし、有効な証明書として取り扱います。
2.以下の「イから2点」、または「イとロから各1点」の組み合わせ
イ.「写真のない」官公署発行の書類 ・各種保険証(国民健康保険証・後期高齢者医療証・健康保険・船員保険証・介護保険証・共済組合)
・各種年金手帳または年金証書
・住民基本台帳カード(写真なし)
・各種医療証
・生活保護受給者証
ロ.「写真つき」民間発行の書類 ・学生証
・法人(国または地方公共団体を除く)が発行した身分証、社員証など
・国または地方公共団体が発行した資格証明書で写真を貼り付けたもの
(第1号に掲げるものを除く)
・その他市長がこれらに準ずるものとして適当と認める書類。
・書類による確認のほか、窓口にて口頭で質問するなどの方法により、本人確認をさせていただく場合がございます。
・代理人のかたが窓口に来庁される場合は、上記の書類と委任状が必要です。
・郵送での請求は、1または2のイから1点が必要です。

お問い合わせ

市民課(市民年金係)
電話:0167-39-2301 / FAX:0167-23-2478